川崎区・幸区版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

幸区長に就任した 関 敏秀さん 多摩区在住 57歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

喜ぶ笑顔が力の源泉

 ○…約16万7千人が住む幸区の区長に、今月1日付で就任した。幸区役所勤務は今回が初めてだが、市民・こども局市民文化室担当部長として、東日本大震災の時には、つり天井が崩落したミューザ川崎シンフォニーホールの復興に力を尽くした。「川崎市に根付いてきた『音楽のまち』『映像のまち』を絶やさぬよう取り組んだ」と振り返る。ミューザが復活した際の「来館者の喜ぶ姿は忘れられない」という。

 ○…川崎市北部の伝統野菜「のらぼう菜」の栽培地として知られる多摩区菅出身。学生時代は教師を目指していたが、様々な人と話をするうちに、次第に地域に夢を与えられる仕事に憧れるようになり、1985年市役所に入所した。「楽しくなきゃ仕事じゃない」がモットーで、市民の笑顔が力の源泉。ラゾーナ川崎プラザでは人気コミック「進撃の巨人」の実物大の映像を映し出すプロジェクションマッピングを手掛け、成功に導いた。

 ○…議会畑が長く、市議などを通じて地域住民や町内会の声を聞いてきた。中原区役所時代にはゴーヤーを育て「緑のカーテン」づくりやペットボトルキャップの回収に力を注いだ。幸区の印象は「コンパクトな地域の中で市民活動やスポーツが盛んなまち。区民のつながりが強い」と語る。「区長室にこもらず、できる限り地域に出て汗を流す」のが抱負だ。

 ○…大学時代はフェンシングで汗を流すなど、元来スポーツマンだが、腰を痛めてからはもっぱら読書が趣味。推理・サスペンスを好み、読書量は年間100〜150冊に及ぶ。私生活では、長男の通う北里大学の後援組織「PPA」会長としても東奔西走する。息抜きは2歳の孫と過ごす一時。「近くに住んでいるが、なかなか遊べない」のが辛いところだ。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

石塚 昌夫さん

交通遺児チャリティー「つくし会」の代表を務める

石塚 昌夫さん

幸区南加瀬在住 60歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

山田 隆さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

山田 隆さん

川崎区富士見在住 57歳

10月25日号

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

日蓮宗 了源寺の住職に就任した

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

幸区北加瀬在住 49歳

10月18日号

吉原 崇徳さん

川崎区・幸区で小学生の学習サポートを行う「つばき学習会」の代表を務める

吉原 崇徳さん

市内小学校勤務 28歳

10月11日号

清水 昭人さん

9月5日付で川崎警察署長に着任した

清水 昭人さん

幸区在住 58歳

9月27日号

赤根 広志さん

若宮八幡宮で「OYASHIROFES」を企画する

赤根 広志さん

川崎区出身 39歳

9月20日号

残暑お見舞い申し上げます

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク