川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

市政報告 塩浜3丁目周辺地区「水辺の拠点」について質問 川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議会議員団 林としお

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 今月2日に行われた市議会一般質問で私は「水辺の拠点整備と入江崎水処理センター屋上の活用」について質問しました。

 川崎市が示した塩浜3丁目周辺地区の土地利用計画等によると、旧塩浜物揚場を、護岸改修に合わせて「水辺の拠点」として、市民が運河を楽しみ、海と触れ合える親水の場へと利用転換を図るための整備に取り組むとしています。

 市によると、親水護岸工事は今年度から実施され、年度内の完成を目指しているといいます。具体的には、石や砂を投入して階段状の地形を造成し、干潟と磯場を形成していくというものです。また、多様な生物が生息する環境づくりのため、学識経験者からの意見を踏まえながら、対策の検討を進めていくとしています。

 横浜市では、民間企業と4年半にわたり、山下公園前海域で、鉄鋼スラグ製品を用いた生物の生息環境改善などの共同研究を実施しています。その結果、貝やホヤなどの水をきれいにする生き物が住みつき、多くの魚が集まるなどの成果が確認されています。私は「こうした事例も参考にしていただき、護岸整備については工事発注前に、調査や研究をしていただく」よう強く要望しました。

入江崎水処理センター屋上活用を再要望

 入江崎水処理センター西系再構築施設の屋上活用について私はこれまでにも「市民が楽しめる空間」「機能導入」「賑わいの創出に向けた検討」を要請してきました。

 市は官民連携事業の実績のある事業者などに、有効活用法についてアンケートやヒヤリング調査を行ってきたことを明かしました。調査では「官民連携事業が望ましい」「スポーツ施設等の導入は可能性がある」といった意見があるといいます。それを踏まえ、市は、同施設が津波避難指定ビルであること、下水処理施設の運転管理に影響を与えないこと、利用者の安全性や地域への貢献等にも配慮し、事業採算性を確保した方策となるよう検討を進めていると述べています。

 私は地元周辺の皆さんや近隣企業も期待をしている事業であることを強調。鋭意検討していただくよう要望しました。

 引き続き注視してまいります。

「水辺の拠点」が整備される旧塩浜物揚場
「水辺の拠点」が整備される旧塩浜物揚場

林としお

川崎区追分町6-2 エステート森101

TEL:044-223-6625

http://www.hayashitoshio.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

”速報”JR南武線連続立体交差事業新工法の効果絶大 推進へ一歩前進!

事業推進に向け、関係機関との調整を表明 市政リポート

”速報”JR南武線連続立体交差事業新工法の効果絶大 推進へ一歩前進!

川崎市議会議員(幸区) 野田まさゆき 自民党

9月3日号

報告「新型コロナ感染症対策特別委員会」より

県政報告

報告「新型コロナ感染症対策特別委員会」より

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

8月27日号

風水害に備え、避難情報の確認と行動計画を万全に!

市政レポート

風水害に備え、避難情報の確認と行動計画を万全に!

各家庭での備蓄、非常用トイレの備えも!自民党 川崎市議会議員(幸区)野田 まさゆき

8月6日号

ヤングケアラーを知っていますか?

県政報告

ヤングケアラーを知っていますか?

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

7月30日号

市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充!

市政報告

市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充!

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月16日号

「多摩川スカイブリッジ」に命名

市政報告

「多摩川スカイブリッジ」に命名

川崎市民・大田区民に愛される架橋に川崎市議会議員 みらい川崎市議団 飯塚正良

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook