川崎区・幸区版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

「うんこ」で学ぶ交通安全 PTAと出版社がコラボ

教育

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
トラックの内輪差のクイズに答える子ども
トラックの内輪差のクイズに答える子ども

 日吉小学校PTA(舘勇紀会長)は11月4日、日吉中学校PTA(嶋田正邦会長)と累計500万部発行されている「うんこドリル」の出版社・文響社(山本周嗣代表)と合同で、「うんこ交通安全教室」を幸区北加瀬のコトニアガーデン新川崎で開催した。

 200人弱の子どもとその保護者が参加し、日吉小学校のために作られた「うんこ交通安全ドリル」をもとにクイズ形式で交通安全について学んだ。

 「トラックが左に曲がるとき、どのうんこがふまれているか」といった内輪差についてなどのクイズが出され、子どもたちは元気よく答えていた。交通安全教室終了後、子どもたちには1冊ずつ「うんこ交通安全ドリル」が配られた。

  瀧田わかな和奏さん(小6)は「トラックの死角が広くて、幼稚園の散歩の子たちが危ないと思った」と話した。舘会長は「想像以上に盛り上がった。今回は日吉小学校だけだったが、ゆくゆくは全市的に広がればと思う」と語った。交通安全教室の先生を務めた文響社の門川良平さんは「うんこを入り口にしっかり学んでくれて良かった。小さいながら正しい知識を身に付ける狙いは果たせた。『命を守る行動を』と言われるが知識がなければ行動できない。知識があれば命を守れる可能性が高くなる。情報をしっかり伝えていきたい」と語った。

 子どもが犠牲になる交通事故などが多発したこの春から、日吉 小・中のPTAと、文響社うんこ事業部の門川さんは、それぞれ子どもたちの安全のために何かできないか、と考えていた。

 嶋田会長と門川さんが知り合いだったことから6月に「うんこ交通安全プロジェクト」を発足。保護者へのヒヤリングや、運送会社の協力を得てトラックからの死角検証をしたり、通学路の危険箇所の調査などを行い、「うんこ交通安全ドリル」を完成させた。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

鏑木市議が死去

鏑木市議が死去 政治

 元議長、現市全町連会長

2月14日号

SDGsの促進に意欲

SDGsの促進に意欲 政治

杉山信雄県議

2月14日号

公演中に避難訓練

公演中に避難訓練 社会

ミューザ川崎

2月14日号

ハンメの記録映画上映

2月22日

ハンメの記録映画上映 社会

桜本保育園で

2月14日号

会員・協賛を募集

市オリパラ

会員・協賛を募集 社会

 英国代表川崎キャンプ

2月14日号

図書3100冊を寄贈

藤嶋さん財団

図書3100冊を寄贈 教育

科学教育の普及めざし

2月14日号

認知症検診制度を実現

認知症検診制度を実現 政治

嶋崎嘉夫市議

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク