川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

市政報告 市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充! 川崎市議会議員 本間 賢次郎

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena

 先月閉会した令和3年第2回定例会で私が行った港湾に関する一般質問について報告致します。

 川崎港は首都圏を代表する物流拠点として注目を集め、また臨海部にはさまざまな企業等が集まっています。令和元年度の臨海部の法人税収入は約389億円で、これは市内法人税収入の37・4%を占め、まさに市内経済の牽引役です。そして、本港でのコンテナ貨物の取扱量は年々増加し、令和2年の速報値では川崎港全体で17万TEU(1TEU=20フィートコンテナ1個)を達成し、6年連続で過去最高を更新致しました。順調にコンテナ取扱量が増加する一方、空コンテナの輸出(返却)が目立つという課題もあります。これは、輸入量が輸出量を上回るという日本の貿易傾向の影響を受けているためであり、決して本港だけの問題ではありませんが、空コンテナを扱うことは抜港(船舶の寄港取りやめ)のリスクがあるため、引き続きコンテナ貨物の取扱量を増やすには輸出貨物を獲得することが大きなポイントです。

 そこで、私はこの点について質問し、指摘した課題については港湾局も取組に着手しており、今年度から「コンテナ貨物補助制度」を拡充し、5月から申請受付を開始したと答弁がありました。その内容は、輸出貨物を取り扱う事業への条件の緩和や単価の見直しを行い、また、コンテナを輸送するトレーラーの走行距離削減による脱炭素化にも寄与する取組を促進するための補助額の拡充を実施し、輸出貨物の獲得と環境保全にも資する制度となっています。

 本港は令和7年度までにコンテナ貨物取扱量20万TEUを目指しており、港湾施設等の整備を続けています。私は引き続き市内で唯一、海、港のある街・川崎区の選出議員として、ハード・ソフト両面の充実を図り、物流拠点の機能強化、環境保全や美化を進め持続可能な社会の実現に相応しい港、そして、市内経済に大きな存在感を示す臨海部の一層の活性化に取り組み、活力あふれる川崎市を目指します。

本間ケンジロウ

川崎市川崎区宮本町1

TEL:044-200-3357

http://homma-kenjiro.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充!

市政報告

市経済を牽引する港・臨海部の活性化へ、コンテナ貨物補助制度を拡充!

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月16日号

「多摩川スカイブリッジ」に命名

市政報告

「多摩川スカイブリッジ」に命名

川崎市民・大田区民に愛される架橋に川崎市議会議員 みらい川崎市議団 飯塚正良

7月16日号

危ぶまれるJR南武線連立事業!地元の声は早期実現!

市政レポート

危ぶまれるJR南武線連立事業!地元の声は早期実現!

新工法を検討!事業費縮減・工期短縮の効果に期待!自民党 川崎市議会議員(幸区)野田 まさゆき

7月9日号

子宮頸がんから女性の生命を守るために

市政報告

子宮頸がんから女性の生命を守るために

川崎市議会議員 山田えり

7月2日号

危機管理対応の自衛隊出身者の採用について

市政報告

危機管理対応の自衛隊出身者の採用について

川崎市議会議員 本間 賢次郎

7月2日号

天飛(てんぴ)トンネル雨水漏水対策を要望

市政報告

天飛(てんぴ)トンネル雨水漏水対策を要望

川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議団 林としお

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter