川崎区・幸区版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

市政報告 特別自治市制度実現に市長が意欲!自民党代表質問に力強く答弁! 川崎市議会議員 本間 賢次郎

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 令和3年第3回定例会が9月2日に開会致しました。自民党は13日の代表質問にて、市長選挙を目前とした市長のこれまでの市政運営、前年度決算、新型コロナウイルス対策、災害対策、大規模投資的事業など広範囲に渡り質問し、議論を重ねています。

 そこで、市長から大都市制度の改革へ意欲的な答弁があり、より良い都市運営のために「特別自治市制度」の実現を目指す私たち自民党市議団と認識を共有しました。

 わが会派は以前から、一層の市民サービスを展開するために政令指定都市共通の課題である税財源や権限の課題について取り組み、私もまた、昨年11月に実施されたいわゆる「大阪都構想」をめぐる住民投票に対し、政令指定都市の使命を明確にし、大阪市存続の応援に駆けつける等、政令指定都市の地位向上を訴えています。奇しくも、当住民投票により全国的に大都市のあり方に関心が高まり、議論が活発化。本市も他都市と協調し、制度の実現を目指しています。そして、今年の第2回定例会では、特別自治市の意義・メリットを「市民サービスの向上はもとより、圏域の発展、日本の国際競争力の強化に資するとともに、その効果を国内に広げ、持続可能な地域社会の実現を図るものである」と示した、「特別自治市制度の早期実現等を求める意見書」をわが会派が主導し、採択致しました。

 大都市制度の改革には、国において制度の見直しが必要であり、そのためにも、地元市民の理解はもとより、国全体の機運を捉えなくてはなりません。そのため、今回の代表質問にて、特別自治市制度の実現に向けた決意を市長に問い、「県との二重行政を完全に解消し、無駄をなくした行政運営を可能とする特別自治市制度実現のため、大都市制度に対する機運が高まっているこの時期を捉え、市民にそのメリットをしっかりと伝えながら、議会や他の政令市と連携し、あらゆる機会を活用して国等へ要請し、引き続き制度化を目指す」と力強い答弁を得ました。

本間ケンジロウ

川崎市川崎区宮本町1

TEL:044-200-3357

http://homma-kenjiro.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

未来のために、今を活かす

意見広告

未来のために、今を活かす

国民民主党神奈川県第10区総支部長 鈴木あつし

10月15日号

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

市政報告

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

 日本共産党川崎市議団 後藤まさみ

10月15日号

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

意見広告

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

日本共産党 前衆議院議員 はたの君枝

10月15日号

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

市政報告

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

日本共産党川崎市議団 片柳すすむ

10月15日号

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

市政報告

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

公明党川崎市議会議員団 浜田まさとし

10月15日号

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

市政報告

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

日本共産党川崎市議団 渡辺学

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook