川崎区・幸区版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

県政報告 県内3校目の夜間中学 県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 平成25年9月20日、私は神奈川県議会本会議で中学校夜間学級、いわゆる「夜間中学」について質問しました。

 県議会で夜間中学が取り上げられたのは初めてのことでした。夜間中学は、昭和20年代初頭に戦後の混乱期の中で、昼間に学校に通えない子どもたちに義務教育の機会を提供することを目的として開設されました。その後、戦中戦後に学校に通えなかったというご高齢者、いじめなどから不登校になってしまった若者、在日韓国・朝鮮人、在留孤児等中国からの帰国者、最近ではニューカマーと言われる新渡日外国人など、さまざまな人たちが夜間中学で学ぶようになりました。

通学可能でも 入学できない!?

 質問で取り上げた当時には、全国8都府県に夜間中学がありましたが、学ぶ人の数は、東京都431名、大阪府1206名、奈良県212名、兵庫県151名であったのに対し、本県は48名。他の地域との人数の差は、夜間中学の存在が広く知られていないことや入学資格の問題が考えられました。すでに夜間中学のあった横浜市・川崎市は、入学資格を市内在住、在勤としていたのです。

 私は、県として、夜間中学で学ぶことを希望する県民が皆、入学できるよう対策を講じるべきと訴えましたが、当時の県教育委員会は「夜間中学の設置者は市町村」という姿勢を頑なに崩しませんでした。しかし、私は「夜間中学を考える会」の皆様とともに、約10年にわたり、諦めず取り組み続けてまいりました。

年齢・国籍を 超えた学びの場

 そしてついに、本年4月23日、神奈川県内で初めて、〈他の自治体から希望者を受け入れる夜間中学〉が、相模原市南区に市立大野南中学校の分校として開校しました。同校は相模原市と神奈川県の教育委員会が連携し、県立神奈川総合産業高校に設置され、日本国籍の方だけでなく、フィリピンや中国など6カ国の国籍の生徒18人が、県内6市から通っています。外国籍の生徒に対応するため、日本語指導の専門教員を配置するほか、10代から60代の生徒に合わせた指導計画を策定して教育を進めていきます。

 学びたい人が、学びたいときに、学べる環境を、今後も拡充してまいります。

西村くにこ

横浜市中区日本大通り1番地

TEL:045-210-7630

https://xn--y8ji5e5170a8y9a.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

マイノリティを社会の活力に

意見広告

マイノリティを社会の活力に

れいわ新選組 参議院全国第5総支部長 キム テヨン

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

富士見周辺地区の再編整備計画について

市政報告

富士見周辺地区の再編整備計画について

川崎市議会議員 本間 賢次郎

6月10日号

『フッ化物洗口導入』に向けた第一歩!!

『フッ化物洗口導入』に向けた第一歩!!

小学校等で実施する意義と、保護者からの希望を最優先に!

6月3日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook