神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

ごみ処理施設「橘センター」 高津区 完成内覧会に350人

政治

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
ごみを吊り上げる瞬間を写メ
ごみを吊り上げる瞬間を写メ

 4月1日から本格稼働する新たなごみ焼却処理施設「川崎市橘処理センター」(高津区新作)の完成式典が3月22日に開催され、一般内覧会では約350人の市民が真新しい施設を見学した。

 橘処理センターは老朽化のため2014年度末で稼働を休止し、解体・撤去のうえ新たな建設工事を進めていた。建物は昨年秋に完成し、新年度からの本格稼働に向けて設備の試運転を続けていた。完成式典には福田紀彦市長らが出席。午後から市民向けに施設内が公開された。

 市の担当者によれば、新施設ではエネルギー効率の高い機器や環境への負荷を低減する設備を採用。収集車が構内に入る際にごみの重量を正確に把握することで燃焼計画を適正化するシステムや、焼却時に発生する熱エネルギーで発電し、施設内の電力を賄いつつ余剰分を電力会社に販売するしくみも構築した。

 内覧会には周辺住民や、親子連れも多く見られた。集められたごみを焼却炉へと移動させる「ごみクレーン」のエリアでは、巨大なクレーンがごみをつかんで持ち上げるたびに歓声がわいた。多摩区から2歳の長女と訪れた男性会社員は「ごみ処理施設の見学は小学生以来。ごみの量に驚いた」と話していた。

 一方、この日の午後2時半ごろ、センター内の15人乗りエレベーターで故障が発生し、子供3人を含む来場者6人が約40分間、閉じ込められた。来場者がエレベーターで4階から1階へ降りる途中、2階で停止したため、非常時ボタンを押して救助を要請。メーカー技術者らが手動で扉を開けて救助した。6人にけがはなかった。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

競輪場で「こどもまつり」

競輪場で「こどもまつり」

5月3日から5日

4月23日

連休は笑いをお届け

連休は笑いをお届け

川崎区本町で落語会

4月20日

川崎消防団長に村上氏

川崎消防団長に村上氏

南町で交代式   

4月19日

マリエンで茶道教室

初代市長石井氏を語る

市民団体企画

初代市長石井氏を語る

中原区でシンポジウム

4月19日

生地を募集中

生地を募集中

河原町 すずらんの家

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook