神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

ふるさと納税の活用事業 川崎市 若者文化推進など追加

社会

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
休憩する盲導犬
休憩する盲導犬

 川崎市は4月2日、ふるさと納税の活用事業に「若者文化の推進」など3項目を追加した。今回の追加は「返礼品ありき」ではないふるさと納税寄付者に向けたもの。税金流出に危機感を募らせている市は、「寄付額倍増」に向けて多方面へのアピールに余念がない。

 今回、市が新たに活用事業に加えたのは、ブレイキンやスケートボードなどの練習に必要な環境の整備に加え、対応が遅れていた盲導犬などの補助犬に対する医療費助成、そして岡本太郎美術館(多摩区)の作品保護や次世代への継承事業など。寄付金の使い道は計46事業となった。

 2008年にスタートしたふるさと納税は、当初は「返礼品ありき」ではなかったが、返礼品の解禁以降は競争が激化。市も「本来の目的に反する」と従来型を維持していたが、2019年度に返礼品制度に参入した。

 4月2日の定例会見で福田紀彦市長が「流出分を取り返す」と発言するなど、損失分奪還に躍起な一方で、市の担当者によれば「ふるさと納税の認知度が上がった影響で、従来型の寄付額も上昇傾向にある」という。

 実際、2021年度は民間ポータルサイト経由の寄付額約3億5140万円(約1万5600件)に対し、従来型の寄付は約5億7500万円(同531件)。23年度も、昨年12月までの9カ月間で341件の寄付で6億円超を受納した。

 市の担当者は「事業自体を応援していただける寄付者に向けても、積極的に情報を発信していく」と話している。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

人権問題に悩んだら

人権問題に悩んだら

市が特設相談所を開設

5月28日

Ⅴリーグ王者が指導

Ⅴリーグ王者が指導

7月26日 バレー教室

5月24日

国の「交流拠点」モデルに

等々力緑地

国の「交流拠点」モデルに

収益性の計画などを評価

5月24日

市、核実験に抗議文

市、核実験に抗議文

 バイデン大統領宛に

5月24日

「心のスイッチ」入るまで

若者支援施設ブリュッケ 活動11年目

「心のスイッチ」入るまで

5月24日

県民ゴルフデー

名門程ヶ谷CC

県民ゴルフデー

7・8月対象日が特別料金

5月24日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook