幸区版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

川崎市帰宅困難者対策 新川崎周辺で初の滞在施設 JR東日本などと協定

経済

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
ジェクサー・フィットネス&スパ新川崎が入る新川崎スクエア
ジェクサー・フィットネス&スパ新川崎が入る新川崎スクエア

 川崎市は4月15日、「ジェクサー・フィットネス&スパ新川崎」を運営する(株)ジェイアール東日本スポーツと建物所有者の三井不動産(株)の3者で「帰宅困難者一時滞在施設の使用に関する協定」を締結した。新川崎・鹿島田駅周辺での一時滞在施設の指定は初めて。同施設では帰宅困難者最大約240人を受け入られる。

 ジェクサー・フィットネス&スパ新川崎は、新川崎駅と鹿島田駅の間に3月26日にオープンした新川崎スクエア内にある施設。同社が一時滞在施設として提供するのは、4階のスタジオ部分(約400平方メートル)で、帰宅困難者約240人が収容できる。

 協定では、大地震などの有事で列車の運行が長時間停止した場合に、建築物の安全や停電していないことを確認した上で、(株)ジェイアール東日本スポーツは、帰宅困難者の受け入れ及び保護、帰宅困難者への情報提供、水やアルミブランケットの備蓄物の配布や水道水、トイレ等を提供する。三井不動産(株)は物資の貯蔵スペース提供などを行う。

 市危機管理室によると、東日本大震災発生当時、市内の施設を利用した帰宅困難者は5500人を上回り、新川崎・鹿島田駅周辺でも列車の停止により多くの帰宅困難者が発生したという。

 市では「有事に備えて一時滞在施設をこれまで以上に充実させて、より実効性のある態勢を作っていけるよう努力していきたい」と話した。

 市と(株)ジェイアール東日本スポーツのグループ会社のJR東日本は2015年1月に市内における地域と鉄道の持続的な発展に向けた包括連携協定を締結している。同協定はこの一環。

 これまでの区内の一時滞在施設は、市産業振興会館、ミューザ川崎、川崎市幸市民館・図書館、ホテルメッツ川崎、ラゾーナ川崎プラザの5カ所。今回ジェクサー・フィットネス&スパ新川崎(新川崎スクエア)が加わり6カ所となった。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号