さがみはら南区版 掲載号:2011年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

国際ソムリエ協会会長 田崎 真也さん 静岡県熱海市在住 53歳

ここが原点。ワイン人生の故郷(ふるさと)

 ○…ソムリエがワインのコンディションを識別する上で、生命線となるのが嗅覚。1995年には世界最高の称号を得た人間の素質は、いかにして育まれたのか?「相模原にあった、あの林、あの小川に原点があります」。貫禄ある風貌に、ユーモア溢れる軽妙なトーク。数々のメディアに登場し、現在は世界的規模の協会会長も務める。華麗な経歴を遡(さかのぼ)ると行き着くのは、子ども時代の”におい”の記憶だ。

 ○…「(出生地の)渋谷で育っていたら、全く違う人生だったかもしれませんね」。アスファルトに囲まれた世界から、小学4年生の時、この街に。越してきたのは、現在、イオン(南区古淵)がある辺り。大野小学校、大野南中学校に通った。一帯に広がる雑木林、近くの境川がお気に入りの遊び場。また、相模川まで足をのばし、鯉を釣り、自宅で自らさばいた。「それで食に興味を持ったんですよね」。

 ○…人生の転機が訪れたのは16歳の夏休み。伊豆諸島の新島(にいじま)で過ごした青年は、小さなスナックを任された。最初に来た客に作った「ナポリタン」。この上なく満足気な表情で、礼を言われ、ハッとした。「料理を作るプロセスに興味があったのではなかった。『ありがとう』と言われることに意味があるんだ」。そして料理人になるべく、船乗りの養成学校を辞め、フランスへ渡ることを決意した。

 ○…ある時期、ワインのテイスティングをしていて、思い出された匂いがある。落ち葉、カブトムシを探して掘り起こした土…。そのほとんどが、少年時代にこの相模原で経験したものだ。「100年もののワインは、限りなく肥えた腐葉土(ふようど)の香りがします」。あの時の自然が、ソムリエ人生のベースになっている。では、相模原はどんな匂い?「ワインだと、伝統(自然)と近代的なところ(都市)が調和した、フランス産のボルドーのような感じかな」。”ワインの女王”に例えてくれたのは、この街への最大級の賛辞だろう。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

1月25日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク