さがみはら南区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

『ベールに包まれていた南洋の島々』を9月に発表した 長谷川敏(さとし)さん 南区相模台在住 82歳

鎮魂の「南洋見聞録」

 ○…きっとどこよりも綺麗な満天の星空、クリームソーダをこぼしたかのようなエメラルドグリーンの海洋。昭和30年代に、星の動きを観察し緯度経度を測量するため、マリアナ諸島(グアムやサイパン)やパラオなど、島々を転々とした。当時の日本の新聞にはこうある。”戦後初の日本人訪問者”―。このエリアはアメリカの統治下。原水爆の実験を繰り返していたため(ビキニ環礁など)、外国人の立ち入りは許されていなかった。その時、島々で見聞きした文化・風俗を、友人に薦められ、このほど一冊の本にまとめ上げた。

 ○…世田谷の出身。まだ東京でも星たちが輝いており、夢中で流れ星を観察した。国立大学で天文学を専攻。その後、就職し海外で天文測量を行う部署に配属。昭和31年から39年まで米軍の依頼で戦前に日本領だった南洋の島々へ特別に赴(おもむ)いた。人々は裸体に腰蓑(こしみの)を纏い、石のお金で買い物をする。ある現地人は「東條サンハドウシテル?」と元首相を気遣っていた。「何千キロも離れた異国のことを知っているんですから、面食らいますよ」。 

 ○…測量の仕事に携わった後は、定年退職まで私立の中高で教員を務めた。「星がよく見えたから」と、数十年前に東京から相模原に移住。”天体観測のできる屋上”が自慢の戸建を手に入れた。しかし、今や27万人を擁(よう)する南区では、「あかる過ぎて観測できない」そうだ。

 ○…第二次大戦後から昭和40年代までの約20年間、誰も知ることができなかった南洋の地。「仕事とはいえ、滞在者は自分を含めてほんとにごくわずかだったわけです」。この知られざる土地で、数多(あまた)の日本兵の命が散った。しかし、そこはアメリカのベールに包まれていた。現在は、すっかり観光地化された場所も少なくない。「まだまだ未開発だった戦後まもなくの様子を記すことで、遺族の方が戦中の現地を伺(うかが)い知る一助となれば」。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

片山 真さん

相模原南警察署長に着任した

片山 真さん

4月12日号

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク