さがみはら南区版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

「相模原の龍馬」10年先も 溝渕市議45年表彰パーティー

政治

 相模原で45年間にわたり市政に携わった功績に対して、今年5月、全国市議会議長会から表彰を受けた溝渕誠之(みぞふちせいし)市議会議員(南区相模台/89)。その栄誉を称えようとこのほど、祝賀会が催され(主催/みぞふち誠友会)、会場となった誠心第二幼稚園(同)は多くの来場者で溢れかえった。

 当日は140人にも上る来賓や支援者らが出席。政界関係者も多数駆けつけた。「(高知出身の氏の)卓越した見識、温かいお人柄は、まさに相模原の坂本龍馬と思っております」(加山俊夫市長)、「私たち後輩議員にとっては、おやじのような存在」(佐藤賢司市議)など、関係者からは敬愛に満ちた言葉が送られていた。

「関東で一番の街へ」

 来賓らの挨拶を受け、登壇した溝渕市議=上写真は、「10年後の相模原」について言及。JAXAなどに代表される最先端技術を持つ、多くの団体・企業が誘致される”技術集積の街”へと変化して行くと主張した。また、地震にも強い地盤を兼ね備えていることなどから、「関東で一番住みやすい街になる」と持論を展開。「これからの10年も頑張っていきたい」と、力強く述べると、会場からは大きな拍手がわき起こった。

 溝渕市議の初めての出馬は1967年。現在、12期目。全国にある20の政令指定都市の中では、最年長・最長任期を務めるまでとなった。この表彰は、全国810の市・区(東京都)の議会を運営する議長からなる連合組織から贈られたもの。同様の評価で、対象となった議員は全国で4人だった。
 

会場には12回分の選挙ポスターがズラリ。初当選を果たしたときは、相模大野駅前にあった書店の店主だった。「せいぜい3期ぐらいのつもりだったよ」(溝渕市議)
会場には12回分の選挙ポスターがズラリ。初当選を果たしたときは、相模大野駅前にあった書店の店主だった。「せいぜい3期ぐらいのつもりだったよ」(溝渕市議)

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク