さがみはら南区版 掲載号:2015年11月26日号 エリアトップへ

自らのへき地医療の経験をつづった『追想―西別―』を自費出版した 新津谷 哲(にいつや さとる)さん 古淵在住 88歳

掲載号:2015年11月26日号

  • LINE
  • hatena

医師としての原点刻む

 ○…電気、水道、ガスも引かれておらず、雪が降れば往診は馬そり、手術はオイルランプの下で…。そんな北海道の別海村立西別病院(現町立別海病院)勤務時代の思い出をつづった『追想―西別―』を、このほど自費出版した。勤務していたのは1952年から65年までの13年間。当時の写真などを織り交ぜ、北海道開拓時代の「へき地医療」の記録としても読むことができる。「自分にとっては医師としての原点。50年経った今、まとめられて良かった」と微笑む。

 ○…横浜生まれの小樽育ち。母親は身体が弱く、子どもの頃から医師を呼びに行くのは自分の役目。夜中でも嫌な顔をせず往診に来てくれる姿に感動し、いつしか医学の道を志した。札幌医科大学付属病院外科教室在籍中に、西別病院の出張医に。過酷な環境に翻弄されながらも、職員一丸となり診療にあたった。「情熱の全てを注いだ、まさに青春時代。仲間たちに出会えたことが宝物ですね」。その後は院長にも就任。相模原市に移る直前まで、治療と病院経営に奔走した。

 ○…南区古淵に1966年「新津谷クリニック」を開院。88歳となった今も白衣に身を包み、診療にあたっている。若い頃から運動好きで、足腰の強さは野球、登山、スキーなどで培ったもの。ただ、「最近では周囲から止められて、何もさせてもらえない」と苦笑する。小樽の小学校で同級生だった妻との間に一男一女があり、息子は医師、娘は薬剤師。親子で同じ道を歩んでいる。

 ○…常に心がけているのは「コミュニケーションを重視し、真摯に患者と向き合うこと」。楽しい会話のための勉強会に参加するなど情熱は衰えない。今回自費出版した本も医院の待合室に置かれ、ツールの1つとなっている。「自分という人間を知ってもらうことで、生まれる会話もあるから」。非売品だが、今後は図書館や公民館などへの寄贈も考えている。
 

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

緑区大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

ボランティアで培った歌唱を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

相模大野在住 79歳

12月10日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク