さがみはら南区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

棋士試験通過し、プロに 上鶴間本町 芝野龍之介さん

文化

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
プロ棋士に内定した芝野さん
プロ棋士に内定した芝野さん

 アマチュアも参加できるプロ棋士への登竜門「冬季棋士採用試験」の本戦が10月から11月にかけて東京本院で行われ、上鶴間本町在住の芝野龍之介さん(19)が1位を獲得。来春からのプロ入りが決まった。

 芝野さんは囲碁漫画「ヒカルの碁」のファンだった父の影響で、弟・虎丸さんと一緒に6歳から囲碁を始めた。当初は家族で楽しんでいたが、上達を目指し多くの一流棋士を輩出している洪道場の門を叩いた。  試験を経て日本棋院の院生になったのは13歳。棋院では順調に上り詰めたが、惜しくもプロには届かず。年齢制限により棋院の卒業を余儀なくされた。

「最後のつもりで」

 棋院を卒業後はアマチュアの大会に数多く出場。昨年8月には「全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会」で史上最年少優勝を果たした。受験生だったこともあり、昨年は棋士採用試験を受験せず。今年4月に東京理科大に進学すると、洪道場に週4日通い、うち2日は泊りがけ。まさに囲碁漬けの日々を送り、「今年が最後のつもり」で棋士採用試験に挑んだという。

 アマチュア棋士が本戦にたどり着くまでには、「外来予選」と「合同予選」を勝ち上がらなければならない。芝野さんはアマチュア棋士10人が参加した外来予選を、8勝1敗の1位で通過。外来予選の通過者4人と院生10人で争われた合同予選も、12勝1敗で1位通過を果たした。

「選択肢が広がった」

 そして院生の成績上位10人と合同予選通過者6人による本戦。前半7局が終わった段階で4勝3敗と苦しんだが、「残りを全勝できれば優勝できる」と気持ちを切り替えて8連勝。12勝3敗の1位でプロへの切符をつかんだ。

 「具体的な夢はまだ持てていないが、将来の選択肢が広がった気がする。大学に通いながらプロ棋士としても活動していきたい」と語る芝野さん。

 一緒に囲碁を始めた弟・虎丸さん(17)は、15歳の時に一足先にプロ入りしている。現在3段で若手の注目株だ。「棋士採用試験後も弟に報告していないけど、知っていると思う。兄弟でプロになれたことは嬉しいが、対戦はしたくないかな」と話していた。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

今年は開催へ、実行委動く

おださがロードフェスタ

今年は開催へ、実行委動く 文化

新たな仮装イベント企画

6月17日号

高齢者完了へ 対応急ぐ

市ワクチン接種状況

高齢者完了へ 対応急ぐ 社会

12〜64歳 今月から券発送

6月17日号

廃部危機 2人で越えた

大野台中ソフト部

廃部危機 2人で越えた 教育

星野さん・中村さん 最後の夏

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

トップ選手が市内を疾走

6月3日号

高齢者向けパズル開発

区内企業HAPPYカイゴ

高齢者向けパズル開発 社会

認知症者が楽しむ仕掛け

6月3日号

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter