さがみはら南区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

東林間商店街 「地元主体の運営」が評価 商店街大賞で準大賞

文化

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
授賞式で表彰状を手にする大石理事長(左)
授賞式で表彰状を手にする大石理事長(左)

 県内商店街や大型店などの優れた取組みを表彰する「第5回かながわ商店街大賞」商店街部門で、東林間商店街振興組合(大石方哉(まさや)理事長)が準大賞を受賞。授賞式が10日、横浜市で行われた。大賞は、中央区の上溝商店街振興組合。

 神奈川県と県内の経済団体からなる実行委員会が主催。より多くの県民に商店街の役割や魅力を周知すると共に、商店街の活性化を図る狙いがある。今回同商店街は、古くからある商店街の機能を維持したまま、昨年25回目を迎えた夏の風物詩「東林間サマーわぁ!ニバル」など、イベント運営を地域と一体となって取り組む姿勢が評価された。

 元々は自治会で盆踊りを行っていたが、「路上で何か地域のイベントを」と1992年に始めたのが阿波踊り。「当時はまだ阿波踊りの認知度が低く、参加者を集めるのに苦労した。大和市から踊り手を招いて一から教わり、地元の消防団中心でスタートした」と、2009年から昨年まで実行委員長を務め、自身も踊り手である大石理事長は語る。現在では市を代表するイベントの一つとなり、当初「東林間連」のみだった地元連も今では6連に。変わらず大事にしているのは、地元主体の運営という「手作り感覚」だ。昨年の阿波踊りでも町内からの500人のサポーターに加え、近隣の上鶴間中学校の3年生が放送・掃除・給水などで運営に参加。設営や片づけも地元連の踊り手が自ら行う。

 今後の商店街の課題について、大石理事長は「高齢者も元気に暮らせるような取り組みを、もっと増やしていくことが必要」と語った。なお、今年の「東林間サマーわぁ!ニバル」は、8月5日(土)、6日(日)に予定されている。

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

理想は「完全な循環社会」

相模原市出身・冨永愛さんインタビュー(第3回) SDGs

理想は「完全な循環社会」 社会

1月14日号

相模原で学ぶ「人間力」

相模原で学ぶ「人間力」 経済

松下政経塾 坂田さん

1月14日号

「白木祭」公開延期に

「白木祭」公開延期に 教育

花火は27日に実施予定

1月14日号

看護の復職相談会

看護の復職相談会 社会

2月7日 病院協会主催

1月14日号

J2昇格を市に報告

SC相模原

J2昇格を市に報告 スポーツ

富澤主将ら喜び語る

1月7日号

市へ3台の発電機寄贈

市へ3台の発電機寄贈 社会

LPガス協 「防災力向上に」

1月7日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク