さがみはら南区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 進歩する肺がん治療 新百合ヶ丘総合病院

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 肺がんの治療は、手術、放射線、薬物治療に大別されますが、今は薬物治療が最も進化しています。

 薬物治療とは従来の「殺細胞性抗がん剤治療」や、遺伝子変異をターゲットにした「分子標的治療」、2018年にノーベル医学生理学賞で注目された「免疫治療」です。免疫治療は、がん細胞が免疫に対しブレーキをかけることに着目したCTLA―4やPD―1などの働きを活用した治療法です。

 がんによって抑えられた免疫のブレーキを外す働きに注目した薬剤が免疫チェックポイント阻害剤です。2019年2月から、肺癌の初回治療では、殺細胞性抗がん剤に免疫治療を併用した治療が開始され、既存の治療よりも効果が高く生存の延長を認めています。

 がん治療の最前線は、がんの特徴に合わせた『個別化医療』の時代になっています。



【文/医療法人社団 三成会・新百合ヶ丘総合病院呼吸器内科部長 中嶌賢尚医師】

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6

花火

金城理事長の徒然話【2】

花火

4月15日号

喫煙と呼吸器疾患

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

喫煙と呼吸器疾患

三成会 新百合ヶ丘総合病院

4月8日号

お陰様で10周年です

メモリアルルーム新しくなりました 新店舗移転 充実のプランで対応

お陰様で10周年です

4月8日号

ヨガで免疫力アップ!

ジャパンヨガアカデミー相模大野(女性限定)

ヨガで免疫力アップ!

セミプライベートレッスン 新規クラス開講

4月1日号

「グリーン住宅ポイント制度」有効活用で我が家の見直しを

「グリーン住宅ポイント制度」有効活用で我が家の見直しを

地元密着・富士建創がリフォーム提案

3月25日号

日本人1割が潜在患者「下肢静脈瘤」

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter