さがみはら南区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

光明相模原松田絵理香さん 夢の「全豪切符」獲得 アジアの強豪破り優勝

スポーツ

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
全豪オープンジュニア本戦出場を決め、笑顔を見せる松田絵理香さん =学校提供
全豪オープンジュニア本戦出場を決め、笑顔を見せる松田絵理香さん =学校提供

 光明学園相模原高等学校(清水尚人校長)のテニス部に在籍する松田絵理香さん(16)が、11月11日から14日にかけて三重県四日市市で開催された「2019 ダンロップ ロード トゥ ザ オーストラリアンオープン ジュニアズ イン四日市」で初優勝し、2020年1月に開催される世界大会「全豪オープンジュニア」への出場権を獲得した。

 全豪オープン大会本戦への出場権をかけた同大会には、アジア・オセアニア地域から招待された17歳以下のトップ選手が出場。グループごとにリーグ戦を行い、上位2人ずつが決勝トーナメントに進出する。第2シードとして出場した松田さんは、リーグ戦を3戦全勝で一位通過。続く準決勝も、ティアン・ファンラン選手(中国)に7―5、6―3のストレート勝ちをおさめ、決勝へと駒を進めた。

 実は松田さんは昨年も同大会に参戦。決勝まで勝ち進んだものの、インドネシアの選手に敗れ、あと一歩のところで全豪大会出場を逃していた。そして迎えた今年の決勝。相手は第6シードのウィ・フィウォン選手(韓国)。競った展開となった1セット目を7―6で粘り勝つと、2セット目は6―2と完勝。初優勝と憧れのグランドスラム(世界4大大会)への切符を手にした。

活躍の場は全国

 松田さんは横浜市の出身。4歳からテニスを始め、小学生の時には「全国選抜」「小学生テニス」「全日本ジュニア(12歳以下)」の3冠を達成。その後も14歳以下、16歳以下の全日本ジュニア大会で優勝を果たし、ワールドジュニア日本代表にも選出された。この春から光明学園相模原の体育科学コースに入学。学校生活と並行して、国内外を問わず多くの国や地域に遠征する日々を送っている。目標としてきたグランドスラム大会本戦に向けては、「自分の持っている力を存分に発揮し、試合を楽しみながら上位入賞を目標に頑張りたい」と話している。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

東海大相模 「幻の甲子園」へ

東海大相模 「幻の甲子園」へ スポーツ

17日、大阪桐蔭と対戦

8月13日号

「4つの柱」に33億円

8月補正一般会計

「4つの柱」に33億円 政治

医療や暮らしの支援継続

8月13日号

市、マスク適正着用を促進

コロナ禍の熱中症対策

市、マスク適正着用を促進 社会

ホームページ、動画で啓発

8月6日号

テレビ通じ「交通安全教室」

テレビ通じ「交通安全教室」 社会

新磯小学校で初めて開催

8月6日号

「SDGs未来都市」に

相模原市

「SDGs未来都市」に 社会

普及促進へ新制度も検討

7月30日号

「最後の大会」代替開催へ

市中体連

「最後の大会」代替開催へ スポーツ

8月末から 3年の節目に

7月30日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク