神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原中等髙橋さん ビジコンで県知事賞 不登校問題にセラピー犬を

経済

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
賞状を手に笑顔の髙橋さん
賞状を手に笑顔の髙橋さん

 神奈川県立相模原中等教育学校3年生の髙橋春帆さんが、県内の生徒・学生らを対象としたビジネスアイデアコンテスト「かながわアントレプレナーシップチャレンジ」で最高位の県知事賞を受賞した。髙橋さんは「中学生のストレス解消と不登校問題解決に向けた学校へのセラピー犬派遣事業」を提案した。

 同コンテストは、県が若年層に起業に挑戦する意欲を持ってもらおうと開催。今回は大学生や大学院生を含む48組が参加し、髙橋さんが最高位に輝いた。

 髙橋さんは中高生が抱える人に話せないような不安や悩みの解消のため、学校にセラピー犬を導入する事業を提案。アイデアのきっかけは、友人が学校でストレスを抱え登校が不安定になってしまったことだった。

 生まれたときから犬と過ごしてきた髙橋さんは、「犬との触れ合いから得られる安心感を学校にも生かせる」と考えた。同事業では、学校の保健室やカウンセリング室に、訓練したセラピー犬を派遣し、悩みを抱える生徒を癒す。皆が犬のいる環境を認め合えるよう、苦手な人に対しては滞在場所を限定したり、アレルギーを持つ人へは症状を引き起こす原因となるフケを軽減するため飼い主が犬をこまめに洗い、手入れしたりすることなどを盛り込んだ。

 また県が動物介在教育に力を入れていることから「神奈川県でやる意味がある」という点が評価を受けたという。12月に表彰式に参加し、「目標だった『県知事と話す』が実現できた」と笑顔を見せる。

高校生までに起業

 会社経営をする父の背中を見て、起業に興味を持った髙橋さん。「中高生のうちに起業」を目標に掲げている。社会問題を発見して解決方法を考え人に伝える、という流れを訓練するため、多数のビジネスコンテストに参加。全て違うアイデアで応募している。3月には起業家や中小企業経営者らを対象としたコンテストのファイナリストに選ばれ最終審査に挑む。「県知事に聞いたプレゼンの極意を生かしたい」と意気込みを語る。

 また、現在自身の学校にセラピー犬を導入するため、効果の周知や触れ合いを目的とした講演会の開催を計画中。毎晩父親と資料作りに勤しみ、有識者や大学教員らの知恵も借りながら実現に向け歩を進める。「できるかわからないくらい大変だけど、頑張りたい」と力を込めて話した。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「心身守る術広めたい」

「心身守る術広めたい」

相模大野でキックオフ

2月22日

授業に生成AIを活用

市内中学校

授業に生成AIを活用

「考える訓練になる」

2月22日

「耐震不十分」が1割

市内木造住宅

「耐震不十分」が1割

自己負担が課題に

2月15日

3・9%増で過去最大

相模原市予算案

3・9%増で過去最大

少子化対策など3本柱

2月15日

ビジコンで県知事賞

相模原中等髙橋さん

ビジコンで県知事賞

不登校問題にセラピー犬を

2月8日

クラブを経済支援へ

相模原市スポーツ協会

クラブを経済支援へ

企業とマッチング

2月1日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook