さがみはら緑区版 掲載号:2013年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

12月に小・中学校で講演を行った徳島ヴォルティスに所属するJリーガー 三木 隆司さん 向原出身 34歳

徳島をJ1昇格へ

 ○…「サッカーと違ってしゃべるのは難しい。勉強になった」。12月に「夢を持つことの大切さ」をテーマに、青野原小学校、中沢中学校で講演を行った。これまで出身クラブで子どもたちとボールを蹴ることはあったものの、講演を行うのは自身初。「みんなおとなしくてまじめに聞いてくれていた。子どもたちは将来について真剣に考えている。今後これが役に立ってくれれば」と振り返る。

 ○…今年でプロ生活17年目。その原点は、幼稚園のグラウンドにある。そこで活動しているクラブでサッカーを始め、中学まではFC WINGSに所属。「遊びたい気持ちもあった。だから逃げられない状況にしたかった」と兵庫の滝川第二高校へ越境入学。プロになる夢に向かい、テストを受けて入団したのが当時中田英寿さんが所属していたベルマーレ平塚だった。同じDFには、日本代表の選手もいたりとレベルの高さに衝撃を受けるも、徐々に出場機会も増えていった。

 ○…4年目には当時J2の大分へ移籍。母体企業がなく、有名な選手もいない。街からも見向きもされなかったチームが数年後にはJ1へ昇格。守備の要として活躍した。「何もない街だったのにサポーターも増えて、スポーツの力ってすごいなと感じた。良い経験ができた」。その後名古屋を経て徳島へ。今年で加入5年目、チーム最古参となる。「基本的にキャプテンに任せるけど、悪い時にはベテランとしてチームを助けていきたい」と笑って話す。

 ○…毎年シーズンオフには帰省し、友達と飲みに行ったり、サッカー教室を開くことも。「指導者になりたいし、地元でそういうことができたらいいかな」と将来の夢を語る。とはいえ、今年はガンバ大阪など力のあるチームが揃う熾烈なリーグ戦が待っている。「ぜひ倒しにいきたいね。J1昇格を目指したい。そのためにこのチームに来たようなものだから」。徳島の背番号2に要注目だ。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

平野 君子さん

公募写真コンテスト「第24回酒田市土門拳文化賞」で奨励賞を受賞した

平野 君子さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

榎本 陽治さん

城山商工会スタンプ会の会長を務める

榎本 陽治さん

3月15日号

梅澤 勉さん

津久井商工会・次世代まちづくり構想委員会の委員長として地域貢献に取り組む

梅澤 勉さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

田畑 直美さん

『橋本の子守歌』を作曲し、相模原市立図書館に寄贈した

田畑 直美さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク