さがみはら緑区版 掲載号:2014年8月21日号 エリアトップへ

国土交通省関東地方整備局相武国道事務所の所長に就任した 河村 英知さん 東京都八王子市在勤 41歳

掲載号:2014年8月21日号

  • LINE
  • hatena

「道路」をより快適に

 ○…市内を走る国道の維持・修繕、管理などを担う国土交通省関東地方整備局相武国道事務所(東京都八王子市)の所長に7月1日付けで就任した。圏央道・相模原愛川IC―高尾山IC間の開通直後とあって、開通による一般国道の渋滞緩和など、効果をしっかり見ていく。工事中の相模原IC(緑区)については、「年度内の供用開始に向け、全力を尽くします」と意気込んだ。

 ○…入省以来、道路畑を長年歩んできた。道路特定財源の見直し作業や道路法の改正にも関わった。道路予算の編成では、毎晩、夜通しで任務に追われる日々。記者発表をした成果が、新聞の一面で報じられた時には、自分の仕事が多くの人の生活・経済に密着していることを再認識させられた。だからこそ「(仕事は)慎重かつ丁寧に行わなくてはいけない」と胸に刻む。

 ○…大学では工学部に所属し、計画段階から住民の意見を反映させる手法「パブリックインボルブメント(PI)」の研究に明け暮れた。道路やダム建設など反対運動の経緯を調べ、柏崎刈羽原発など、全国の様々な現場も歩いた。早くから情報をオープンにすることで、事業者と住民の協力関係が築ける「情報公開」の重要性を学んだ。家庭では小学校に通う二人の男の子を持つパパ。休日は眠い体に鞭を打って、子どものサッカー練習にも汗を流す。「本当に疲れた時は、一人で映画館に行き、リラックスします」と笑った。

 ○…相模原ICが完成すると、同所管内の圏央道事業がひと段落することから、「現道に一層目を向け、地域に力を注ぎたい」と意欲的。相模原駅周辺国道16号自転車道の整備や、ドライバーの視野が広がり、景観も良くなる電線類の地中化など、生活に密着した事業を進めていく。入省以来、心にあるのは「国民のためになるのか」という姿勢。どんなに忙しい毎日にも「辛い時こそ伸びるとき」と自分を奮い立たせる。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク