さがみはら緑区版 掲載号:2018年11月1日号 エリアトップへ

左澤投手、オリ6位に ドラフト 串川小・中出身

スポーツ

掲載号:2018年11月1日号

  • LINE
  • hatena
(上)力強い投球を見せる左澤投手(相模原南リトルシニア時)=母・イチ子さん提供(下)1日から始まる日本選手権に出場予定=JX-ENEOS提供
(上)力強い投球を見せる左澤投手(相模原南リトルシニア時)=母・イチ子さん提供(下)1日から始まる日本選手権に出場予定=JX-ENEOS提供

 プロ野球の2018年度ドラフト会議が10月25日、都内で開かれ、市立串川小・中学校出身で社会人野球・JXーENEOSの左澤優(ひだりさわゆう)投手(23)がオリックスバファローズから6巡目で指名された。左澤投手はすでに球団関係者から指名あいさつを受けており、契約が成立すれば昨年に引き続き、市内出身のプロ野球選手が誕生する。

 左澤投手は172cm、75kgの左腕投手。内角を突く140Km台後半の直球と鋭く曲がるスライダーを武器に、強気に向かっていく投球が持ち味だ。

 青山の出身。串川小入学後すぐに少年野球の串川ホーマーズに入部。串川中時代は相模原南リトルシニアに所属し、2・3年時にエースとして県大会優勝を果たす。横浜隼人高でも3年時に春の大会で県制覇。横浜商科大ではリーグ戦で最優秀投手に輝いている。

 相模原南リトルシニアの山岡幸雄総監督(75)は左澤投手を所属当時から努力家と評した上で、「コツコツやるタイプでよく練習する子。体格が小さくても社会人ではすごいボールを投げていた。メキメキ成長してくれた」と目を細める。母のイチ子さん(57)は指名について親子で驚きをもって受けとめたことを明かし、「串川の自然で育って、周りの方にも恵まれた。感謝したい。もっと努力して今以上に頑張ってほしい」と話し、激励した。

 左澤投手は本紙取材に対し、「実感はまだ湧かないが、今回の結果はこれまで支えてくれた人たちのおかげなので、感謝の気持ちをプロ野球の世界で示していきたい」とし、意気込みを見せた。

 契約すれば、昨年の塩見泰隆選手(ヤクルト)に続き市内出身のプロ野球選手が誕生。球団は左澤投手を即戦力左腕として評価しており、活躍が期待される。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

荒川の伝統行事を後世に

荒川の伝統行事を後世に 文化

二本松八幡宮でだんご焼き

1月27日号

寺、神社の歴史を辿る

寺、神社の歴史を辿る 教育

3月25日まで 公文書館

1月27日号

ウーパールーパー展

ウーパールーパー展 文化

3月6日まで ふれあい科学館

1月27日号

今春スギ花粉 やや少なめ

今春スギ花粉 やや少なめ 社会

県発表 過去5年で最低

1月27日号

子育て応援に3万円

子育て応援に3万円 社会

2月から市独自に給付

1月27日号

チーム右京が自転車教室

チーム右京が自転車教室 文化

串川小で 安全利用を啓発

1月27日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook