さがみはら緑区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

2020年度市民文化表彰を受賞した 永保 固紀(もとのり)さん 中央区水郷田名在住 77歳

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena

活動の根底に「宗教家精神」

 ○…田名幼稚園園長をはじめ、県私立幼稚園連合会会長などを歴任し幼児教育の向上に尽くすともに、昨年まで開催された行事「泳げ鯉のぼり相模川」の実行委員長として市の観光振興に努めた功績などが評価され今回の受賞となった。園での活動などが奉仕活動を含め評価された点に触れ、「業界としてもありがたく光栄」と謝意を示す。

 ○…曹洞宗宗祐寺の4人兄弟の長男として生まれた。田名小、大野北中、横浜翠嵐高を卒業後、駒澤大学仏教学部に進学。大学院では教員免許も取得した。大学院時代に父と幼稚園を設立。副園長として子どもたちを教育する傍ら、相模原高校では非常勤講師として3年にわたり教鞭を執った。33歳のときに第22代の住職に。40代半ばで後継として「泳げ鯉のぼり」の実行委員長を任され、15年務めた。請け負った役職は数知れないが、どれも全力投球で応えて来た。

 ○…「自分の時間などない。息抜きも特にない」と笑う。息子2人、娘2人に恵まれるも、「寺は留守にできない」性格上、家族で旅行することもままならなかった。家庭での教育にもあまり口を挟まず、「健康に留意し、後世に結果を残せるように」とだけ言い伝え、それぞれの成長を促してきた。

 ○…全ての活動の根底には宗教家としての使命感が宿る。宗教家として、教育、文化の発展に思いを巡らし、中でも最も危惧するのは、子育ての劣化。行政による待機児童対策が二の足を踏む中、子離れではなく、子放しになっている現状を憂い、地域で子どもたちを見守る「地域教育力」の向上に力を注ぐ決意だ。「今後もやることは変わらないよ」。これからも「宗教家精神」を貫き、求道者として人々を導く。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

篠崎 修さん

「相模原の子どもと教育を考える会」の代表で、少人数制学級の早期実現を訴える

篠崎 修さん

橋本出身 72歳

4月22日号

田中 浩さん

4月に統合した「消費生活総合センター」の所長を務める

田中 浩さん

橋本在勤 59歳

4月15日号

石原 朗さん

4月1日付で緑区長に就任した

石原 朗さん

八王子市在住 57歳

4月8日号

樋口 一美さん

相模原市立公文書館の3代目の館長として活躍する

樋口 一美さん

原宿在住 61歳

4月1日号

泉口(いずぐち) 友汰さん

7年ぶりに東都1部リーグに返り咲いた青山学院大学硬式野球部で主将を務める

泉口(いずぐち) 友汰さん

中央区淵野辺在住 21歳

3月25日号

磯貝 サイモンさん

相模原市の「新しい生活様式」実践促進動画のBGM「skylark」を制作した

磯貝 サイモンさん

相模原市出身 37歳

3月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter