さがみはら緑区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

小学生ドッジT.K.G 小6生 最後は笑顔で 県規模の大会で準優勝

スポーツ

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
神奈川ファイナルバトル最強決定戦で準優勝した「T.K.G」
神奈川ファイナルバトル最強決定戦で準優勝した「T.K.G」

 相原小学校を拠点に活動する小学生ドッジボールチーム「T.K.G」(山嵜寿梨代表)が、3月28日に藤沢市で行われた「神奈川ファイナルバトル最強決定戦」(県ドッジボール協会主催)に出場し、準優勝を果たした。

 昨年、県大会で初優勝を決め、全国大会の切符を手にしていた同チーム。だが新型コロナの感染拡大により、3月に予定されていた全国大会が中止になるという悔しい思いをしていた。年度が替わり、新6年生による新チームが発足。前6年生が出場できなかった分、「絶対に全国に行く」という強い思いでスタートを切った。

 しかし、今年3月の同県大会も2度の延期の末中止に。抽選で全国行きのチームを決めることになり、残念ながら同チームは抽選で外れてしまった。県ドッジボール協会は、県大会中止の救済措置の意味合いで「神奈川ファイナルバトル最強決定戦」を実施。県内26チームが参加し、県で一番のドッジボールチームを競い合った。

「力出し切った」

 大会当日は、安定したチームワークで予選を難なく通過すると、決定トーナメントで強豪と名高い「土竜島」と対戦。8対7で勝利し、続く準決勝に駒を進めた。宿敵である「フェニックス」とは激闘の末、10対9で接戦を制すが、決勝戦で優勝候補の「足柄ハリケーン」と対戦することに。序盤、同チームは攻勢をかけるも、後半のミスが致命傷となり、6対9で惜敗。準優勝という結果になった。山嵜代表は、「何度もコロナという敵に希望を奪われたが、今大会では今までやってきたことを出し切った。気持ちが良い試合をしてくれた」と選手たちを鼓舞した。保護者の一人は、「悔しい思いもしたと思うが、6年生は卒業前最後に思い切ってプレーをしてくれた」と話した。

 同日行われたジュニア大会(4年生以下)の部では、T.K.Gジュニアが優勝を収めた。

ジュニアチームは優勝を収めた
ジュニアチームは優勝を収めた

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

協同病院へ163万円寄付 

建築関連など35事業者

協同病院へ163万円寄付  社会

サーティーフォー主体に

5月7日号

「名札」なくても大丈夫

大島小

「名札」なくても大丈夫 教育

上履き記名で名前確認

5月7日号

背番号6を引き継いだ成長株

背番号6を引き継いだ成長株 スポーツ

FC町田ゼルビア MF佐野海舟

5月7日号

「夢を形に」地元で奏でる

ピアニスト大塚恵美さん

「夢を形に」地元で奏でる 文化

市民会館で22日に初公演

5月7日号

石澤選手、初防衛に成功

日本ユースミニマム級

石澤選手、初防衛に成功 スポーツ

「めざすはもっと上」

5月7日号

76%宅配の不安解消

76%宅配の不安解消 社会

簡易型宅配の無料配布

5月7日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter