多摩版 掲載号:2017年10月5日号 エリアトップへ

「自分らしい最期」とは 聖蹟桜ヶ丘でシンポジウム

社会

掲載号:2017年10月5日号

  • LINE
  • hatena
基調講演を行う亀谷氏(左)と渡辺氏
基調講演を行う亀谷氏(左)と渡辺氏

 社会医療法人「河北医療財団多摩事業部」主催のシンポジウム「今から考える自分らしい最期〜本当にできる?在宅での看取り〜」が、10月21日(土)午後1時から3時45分まで、京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターアウラホールで開催される。先着230人で参加無料。要事前連絡。

 当日は2部構成。第1部では、「自分らしい『生き』『死に』を考える会」代表の渡辺敏恵氏が「最期まで自分らしく生きるために〜私の生き方連絡ノートを活用して〜」と題して、また同財団多摩事業部の在宅医療部長で、あいクリニック中沢院長の亀谷学氏が「自分らしい最期の迎え方〜やっぱり家がいい〜」と題して基調講演を行う。第2部のシンポジウムは「納得できる最期・後悔しない看取り」をテーマに、第1部の二人に加え、市内でご両親を看取った家族、あいクリニックの院長補佐、高野睦氏をシンポジストに、天本病院事務長の菅野俊也氏が進行する。申し込みは同財団多摩広報課(【電話】042・310・0323)へ。

多摩版のローカルニュース最新6

「即時」アプリで飲食店応援

「即時」アプリで飲食店応援 経済

鶴牧在住・堀内さんが開発

3月4日号

7自治体と連携、課題へ取組 

多摩市

7自治体と連携、課題へ取組  社会

「まず共通HP」 人材交流も

3月4日号

コロナ収束願い、折り鶴

関戸の市国際交流センター

コロナ収束願い、折り鶴 社会

3月4日号

夜間学級を知って

夜間学級を知って 教育

「必要な人へ」 連絡会が活動

3月4日号

八王子の料亭、ひな人形100体

八王子の料亭、ひな人形100体 文化

店内33カ所 26日まで

3月4日号

不妊・不育症を学ぶ

不妊・不育症を学ぶ 社会

7日、講演会 関戸で

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク