多摩版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

4団体連携 「橋」を新たな観光資源に 市の魅力発信へ事業開始

社会

180以上ある橋が主役に=写真はさんかく橋
180以上ある橋が主役に=写真はさんかく橋
 「多摩市内にいくつ橋があるか知っていますか」――。市内には、川の橋だけでなく、道路橋などを含めて180以上もの橋が架けられている。その橋とともに周辺の緑や自然をまちの魅力、新たな観光資源として、市内外に発信していこうと「多摩市の『橋』をめぐる魅力発信プロジェクト」が動き出した。その第1弾として、3月に「発掘モニターツアー」「「スマートフォン(SNS)写真教室」が行われる。

 主催するのは、多摩市、京王電鉄(株)、(公財)東京観光財団、まちづくりラボ・サルベージ(株)の4者で構成される「同プロジェクト連携協議会」。東京都と東京観光財団では、都内の各地域から地域資源を活用するためのアイデアを募集し、旅行者誘致につなげていく「地域資源発掘型実証プログラム事業」を実施している。そこに多摩市内に180以上ある「橋」に着目した京王電鉄(株)が多摩市の推薦を受けて事業提案を行い、採択された。同財団の委託を受けた町田市に本社を置くコンサルタント会社「まちづくりラボ・サルベージ(株)」が主導し、4社が連携して事業を進めていくこととなった。

モニターツアー&写真教室

 多摩市は、多摩丘陵の自然と地形を活かし、計画的に歩車分離で開発されてきた「多摩ニュータウン」が大部分を占める。その開発によって、道路橋など数多くの橋が存在することもまちの特徴に挙げられる。同プロジェクトでは、日常生活で意識することのないインフラ設備であるその「橋」が”主役”となる。

 プロジェクトの第1弾として企画されたのは、「『撮影スポット』発掘モニターツアー」「スマートフォン(SNS)写真教室」。モニターツアーは、知られざる撮影スポットを5つのコースに分かれて探し出し、発表・共有するという内容。開催日は、3月17日(土)で午前9時30分にパルテノン多摩4階会議室に集合し、5コースに分かれて撮影していく(申込み締切10日(土))。

 一方の写真教室は、橋を題材に、スマートフォンのカメラを使ってSNS映えする画像を撮影する方法を学ぶ。1回目は3月21日(祝)午前9時30分に京王多摩センター駅改札前に集合。2回目は27日(火)午前9時30分に京王永山駅集合。両回とも、集合場所から移動して3、4カ所で撮影を行う(申込み締切は1回目14日(水)、2回目20日(火))。

 4月以降も、スタンプラリーやフォトコンテスト、”橋マニア”や小学生向けのミニツアー、橋のWebサイトも公開していく予定だという。同協議会では「一連のプログラムを通して、多摩市の橋と魅力的な自然の存在を広く認知してもらい、『都心至近でも自然と素敵な風景を楽しめる場所』として多くの人に訪れてもらえれば」と話している。

 ツアーや写真教室の申込み、詳細は、まちづくりラボ・サルベージ(株)担当岩田さん【電話】042・851・8316へ(平日午前9時30分〜午後5時30分)。

多摩版のトップニュース最新6件

「永(なが)どん」誕生日を祝福

地域活性化キャラクター

「永(なが)どん」誕生日を祝福

6月21日号

ミニトマトを市特産物に

市内の農家有志

ミニトマトを市特産物に

6月21日号

「魅力発信」新アイデアを

多摩市若者会議

「魅力発信」新アイデアを

6月7日号

地域と歩んで30年

関・一つむぎ館

地域と歩んで30年

6月7日号

昨年と変わらず83人

多摩市待機児童数

昨年と変わらず83人

5月24日号

地域も親しめる学校林へ

愛和小学校

地域も親しめる学校林へ

5月24日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

未来見据えた住まいへ

未来見据えた住まいへ

京都の事例紹介「マンション管理セミナー」

6月30日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク