多摩版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • はてぶ

水防訓練に約500人参加 市「検証、参考になった」

社会

都市型水防工法を体験する参加者
都市型水防工法を体験する参加者
 多摩市は5月20日、多摩川河川敷の一ノ宮公園で「合同水防訓練」を行った。

 毎年、水害が懸念される時期を前に、その備えを目的として実施されている同訓練。当日は、市や多摩消防署、多摩市消防団の他、多摩中央警察署、自治会自主防災組織等ら延べ508人が参加した。

 訓練は、消防署や消防団による監視警戒や広報活動、消防団による積み土のう、マンホールの噴出防止、救出救助などを実施。また、災害時支援協定事業所として市と協定を結ぶ多摩市建設協力会が参加した鋼板防護などの運用訓練の他、地元住民による都市型水防工法、水圧体験などが行われた。

 同訓練と並行して、関戸地区の自主防災組織は避難所の設営訓練に参加。危険箇所や緊急避難場所を徒歩で確認した後、パトカーや消防団ポンプ車の誘導のもとバスで連光寺小学校に移動し、体育館で避難所の設営を行った。

 市防災安全課は、訓練を振り返り「今年も多くの方々に参加していただけた。関係機関の方は検証ができ、市民の方はいざという時の参考になったのでは」と話していた。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落花生・芋掘り、新鮮野菜も

落花生・芋掘り、新鮮野菜も

「草むらの会」が感謝祭

10月20日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク