多摩版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

J1・鹿島アントラーズに内定し、全国高校サッカー選手権大会に出場する 関川 郁万(いくま)さん FC多摩出身 18歳

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

選手権で飛躍 Jリーグへ

 ○…Jリーガーを数多く輩出する高校サッカーの強豪・流通経済大学付属柏高校に所属し、1年生からCBのレギュラーを務める。同校は2年連続で激戦区の千葉県予選を勝ち抜き、全国高校サッカー選手権大会に出場。1月2日に初戦を迎える。「一戦一戦大事に戦いぬき、優勝できれば」。決勝で敗れた昨年のリベンジに燃える。

 ○…サッカーを始めたのは3歳の頃。いとこの影響で、以後ひたすらサッカーに明け暮れた。小学時代には、八王子選抜に選ばれ、FC多摩ジュニアユースのセレクションに合格。同期には、近隣の選抜チームのメンバーが集まっていた。その仲間たちと切磋琢磨し、全国大会に出場した。「勝ちにこだわること、闘争心を持って臨むこと、勝者のメンタリティを学んだ」と当時を振り返る。

 ○…高校入学後、130人を超える部員がいる中で、1年生の時に試合に出るチャンスを掴む。レギュラーとして、1年生の時にインターハイ2位、2年生の時に優勝、選手権で2位となったチームを牽引。世代別の日本代表にも選ばれた。「運やチャンスはなかなか来ない。来た時に掴んで離さないことが大事。これだけの経験をさせてもらって監督には感謝しています」と笑顔を見せる。

 ○…選手権には、FC多摩の同期が、各県の代表として出場している。「どの位お互いに成長したか。会えるのが楽しみ」と対戦を心待ちにする。ヘディングや対人プレーの強さ、リーダーシップを磨きつつ、得点も取れて信頼されるCBになることが目標だ。「そんな完璧な選手なんてそういないけど、そこを目指していきたいですね」と力強く語る。入団が内定している鹿島でレギュラーを掴み、いずれは日本代表へ。そのためにも、まずは選手権での活躍を誓う。

多摩版の人物風土記最新6

藤原 昌子さん

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う

藤原 昌子さん

聖ヶ丘在住 75歳

12月2日号

添田 正美さん

箱根駅伝出場を決めた国士舘大学・陸上競技部を率いる

添田 正美さん

八王子市在住 44歳

11月18日号

小山 喜明さん

多摩市50周年の記念ビールづくりに協力した関戸で酒店を経営する

小山 喜明さん

関戸在住 45歳

11月4日号

千葉 正法さん

今月、多摩市教育委員会の教育長に就いた

千葉 正法さん

町田市在住 57歳

10月21日号

横田 まさこさん

多摩市50周年を記念する公演を主宰する「市民劇団TAMA」の代表を務める

横田 まさこさん

川崎市在住 62歳

10月7日号

松本 薫さん

東京五輪・柔道の解説を務めたオリンピックメダリストの

松本 薫さん

多摩市内在住 34歳

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook