多摩版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

東京五輪ロードレース 交通規制案等を説明 7月のテストイベント 5月中旬以降に周知へ

スポーツ

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
交通規制案などが説明された
交通規制案などが説明された

 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と多摩市は4月5日・6日、関戸公民館ヴィータホールと永山公民館ベルブホールで、今年7月21日(日)に開催される東京2020オリンピック自転車競技ロードレースのテストイベントについての地域説明会を開催し、地域住民や近隣の事業者ら延べ41人が参加した。

 ロードレースは、来年7月25日(土)に男子、26日(日)に女子の競技が行われる。男子のコース全長は約244Km、女子は全長147Kmで、多摩市は都内最長の約11・8Kmのコースが設定されている。

 今回、開催されたのは、本番1年前となる今年7月21日に開催されるテストイベント「READY STEADY TOKYO」の地域説明会。当日は、競技の魅力などをビデオ等で紹介した後、現在、関係機関と調整中というテストイベント当日の交通規制案や影響、観戦禁止エリア、観戦時の注意点などが紹介された。

 6日にベルブホールで行われた説明会では、参加者から「地域で競技を盛り上げるための旗などを掲出していいか」「聖ヶ丘で観戦できるポイントは」「パラリンピックのコースは」などのほか、地域の介護事業者からは「交通規制中の時間が送迎の時間と重なっていて、迂回できる場所にはない。どうにかならないか」などの質問が挙がった。

 大会組織委員会では「現在、関係機関と詳細を調整中で、今回の説明会でいただいた質問や意見は、自治体や各機関と相談していきたい。交通規制については、4月下旬以降にチラシやポスター、各種媒体等を活用した事前広報・周知を図っていく予定。各路線バス運行についても交通事業者と調整・協議し、5月中旬以降に周知していきたい」と話している。

市内各所でイベント

 多摩市ではテストイベントの前に、ロードレース競技を身近に感じてもらおうと市内各所でイベントを開催。6月22日(土)午前は大栗川・かるがも館、午後は、からきだ菖蒲館、23日(日)午前はひじり館、午後は貝取こぶし館、7月13日(土)はパルテノン多摩市民ギャラリー。詳細は市秘書広報課【電話】042・338・6812へ。

多摩版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月13日号

来館者20万人を達成

小野路宿里山交流館

来館者20万人を達成 文化

「おもてなし」の心、リピーター呼ぶ

6月13日号

「ともフェス」今年も開催

「ともフェス」今年も開催 社会

聖蹟桜ヶ丘で6月22日

6月13日号

巨人軍と共に「多摩市フェス」

巨人軍と共に「多摩市フェス」 スポーツ

市民無料招待試合を開催

6月13日号

特別支援教育に理解を

特別支援教育に理解を 教育

「多摩桜の丘学園」で学校公開行事

6月13日号

富士山から災害史を学ぶ

中大白門会

富士山から災害史を学ぶ 文化

6月29日に講演会

6月13日号

待機児童、昨年比で6人減

待機児童、昨年比で6人減 社会

4月1日時点で77人

6月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

あなたの胃、健康?

あなたの胃、健康?

あいクリニックで講座

6月29日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク