多摩版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

ディゼル 多摩の街に魔法をかける”ニャン” 5月2日に早くも3枚目のシングル

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
3枚目のシングルとポスターを手にするリーダーのakarin(後列左)、日菜(同右)、arisan(前列左)、夢(同右)
3枚目のシングルとポスターを手にするリーダーのakarin(後列左)、日菜(同右)、arisan(前列左)、夢(同右)

 多摩センターを中心に活動するダンススクール「CLOVER」から生まれた多摩市のご当地アイドル「des ailes 89(ディゼル)」。3枚目のシングル『Happy Magic/TAMAねこニャニャン!』が5月2日(木)に発売される。

 平均年齢13・5歳、11人組ガールズダンスボーカルユニットとして、多摩市を中心に活動しているディゼル。2017年11月にデビューして以来、様々なイベントに出演する他、TVにも出演するなど活動の幅を広げている。今年3月には多摩市のテーマソングをイメージした2枚目のシングル『Hello!Hello!〜TAMAへようこそ〜』が発売されたばかり。今回のシングルに入った2曲は、多摩センターと永山の街がテーマになっているという。

 メンバーの日菜は「『空の上から魔法をかけてみたら』という歌詞から始まって、『あそこかな』といろいろな場所をイメージできる言葉がたくさん入っています」と解説。今まで恋愛をテーマにした曲を歌ってきた中で、今回は「これぞご当地アイドル」という曲になっているのも注目だという。

また「新しくなった衣装も注目してほしい」とメンバーは声をそろえる。

 夢は「多摩市の良いところをギュッと詰め込んだ良い曲なので、多摩市に住んでいない方にもぜひ聴いて知ってもらえたら」と話し、arisanは「2曲とも、聴きながらその場所を見に散歩に行くのも楽しいと思うので、ぜひCDの発売を待っていてください」と笑顔で話す。リーダーのakarinは「ライブもみていただくことがオススメ。マジックを取り入れたり、アイドルがやりそうにないこと、タイトルからは想像できないことに挑戦しています。成長した姿をぜひイベントで見て楽しんでもらえたら」と呼びかける。

 5月3日〜5日に開催される「ガーデンシティ多摩センター こどもまつり2019」で3日間ともライブを行う。そこで新曲を披露する予定だ。詳細は公式HPで確認を。

多摩版のローカルニュース最新6

令和につなぐ多摩の文化

令和につなぐ多摩の文化 文化

11月10日まで市民文化祭

10月17日号

認知症はじめて教室

認知症はじめて教室 社会

基礎知識の役立つ情報を提供

10月17日号

どう進める?マンション改修

どう進める?マンション改修 経済

専有部分の考え方、セミナーで

10月17日号

週末は唐木田で祭り三昧

週末は唐木田で祭り三昧 文化

10月19日・20日

10月17日号

昔ながらの「そば」再現

昔ながらの「そば」再現 社会

乞田・貝取ふれあい館で無料配布

10月17日号

「ボッチャ」カフェで交流

「ボッチャ」カフェで交流 スポーツ

市教委が企画 5チーム参加

10月17日号

初めてのコンサート

初めてのコンサート 文化

ベッラ・カサリンガ

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

書評合戦で交流を

書評合戦で交流を

11月10日 参加者募集

11月10日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【8】 11/24〜1/5 岩手県釜石市〜東京都多摩市

    1月12日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【7】 10/28〜11/24 青森県八戸市〜岩手県釜石市

    12月1日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【6】 9/29〜10/28 北海道稚内市〜青森県八戸市

    11月3日号

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク