多摩版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

特別展がつないだ先祖の縁 「乞田鍛冶と文明開化」 子孫が一堂に

文化

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 パルテノン多摩歴史ミュージアムで7月15日(月・祝)まで開催されている特別展「刀鍛冶と文明開化 明治期・多摩の乞田鍛冶の渡米に見る海外技術導入」。初日となる4月20日、同展で紹介されている乞田鍛冶の兄弟・浜田吉之(文蔵)と正行(長吉)の子孫である宇井久美子さんや濱田秀隆さんらが見学に訪れ、一族が一堂に集まり対面を果たした。

 同展は、幕末に新選組や農兵隊の武器をつくるなど活躍した貝取村出身の刀鍛冶「乞田鍛冶」、浜田吉之と正行の兄弟鍛冶を中心に、2人の歩んだそれぞれの人生や時代、鍛冶の技術を生かし、また海外技術をいかに受け入れていたかなどが、現存する資料を使って紹介されている。

 その資料の多くを提供したのが、2人の子孫たち。明治に入って、乞田から町田へ移り、町田で「ひょうたん鍛冶」の名で野鍛冶として歩んだ吉之の子孫である宇井さんが自宅から出てきた古文書を解読しようと、パルテノン多摩に問い合わせたことがきっかけとなり、2008年に特別展「鍛冶屋のあゆんだ幕末明治」が開催された。

 その展示を知ったのが、明治に入って渡米し、帰国後、神田に自転車店を開いた正行の子孫である濱田秀隆さんだった。秀隆さんは、先祖のことを調べている過程で、展示を知り、厚労省や国会図書館などで資料を探し集めていったという。

 多摩市文化振興財団の学芸員の橋場万里子さんは「正行の動向のことはこれまでほとんど知られていなかった。子孫の方々が自ら調査され、様々な事実が判明して今回の展示につながった。敬意を表したい」と話す。

 正行の子孫である濱田眞さんはこの日のために、京都から訪問。宇井さんらと初めて対面し、吉之、正行の子孫がこの展示をきっかけに一堂に集まった。宇井さんは「不思議な力、先祖が導いてくれたのだと思う」と喜んだ。秀隆さんは「調べていけばいくほど資料が出てきて楽しかった。これも先祖が名を残していたから。ただもっと早くに調べることができれば、亡くなった親族に直接話を聞くことができたのにと悔やまれる。こうして親族の縁をつないでくれて感謝している。でもまだ調査は終わっていないので、これからも調べていきたい」と意欲を見せている。

多摩版のローカルニュース最新6

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン)

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン) 文化

丸善多摩センター店でコラボ展

8月6日号

先人の体験・思いと平和観を

先人の体験・思いと平和観を 社会

伝承活動を行う天野佳世子さん

8月6日号

次世代が伝えたいこと

次世代が伝えたいこと 社会

被爆地訪れた2人に聞く

8月6日号

「みんなで楽しみましょう」

市バスケ連盟

「みんなで楽しみましょう」 スポーツ

元日本代表招き 子ども向けクリニック

8月6日号

コロナ禍でも「地域のために」

コロナ禍でも「地域のために」 社会

受付続ける関戸の葬儀ホール

8月6日号

俳句・川柳を募集

永山公民館

俳句・川柳を募集 文化

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

豪華絢爛な縄文土器を

豪華絢爛な縄文土器を

関戸公民館で特別展示

8月8日~8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク