多摩版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

2日間大盛況 これぞ「永山魂」 「永フェス」100超える団体参加

文化

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
永どんとディゼル、三姿舞が競演し会場を盛り上げた
永どんとディゼル、三姿舞が競演し会場を盛り上げた

 市民参加型イベント「永山フェスティバル」が9月21日・22日の2日間、永山駅周辺で盛大に開催され、多くの人出で賑わいを見せた。

 永山地区の地域住民や市民団体、企業、市で構成される実行委員会が主催する同フェスティバル。今年で22回目を迎えた。

 永山駅周辺の地域住民や市民団体らの交流を通じて、地域の活性化と元気な街づくりを目的に、市民・企業・行政が一体となって企画から運営まで作り上げられ、毎年多くの団体が参加して盛り上がりを見せている。

 今年も2日間にわたって、100を超える団体が参加。今年は、プレゴ前に新しくステージが加わり、グリナード広場、うぇるかむ広場の3カ所にステージが設けられ、ベルブホールなど5つの会場で、ダンスや大道芸、バンド、日本舞踊、和楽器、演劇、フォークソングなど、様々な団体によるパフォーマンスや演奏などが披露された。今年も、多摩市のご当地アイドル「des ailes26(ディゼル)」やグリナード永山のダンスヴォーカルショータイムレギュラーの「三姿舞」、和太鼓アイドルユニット「東京おとめ太鼓withSAYA」の他、民謡アイドル・永峯恵さんらも出演し、コラボしたステージを披露するなど、会場を盛り上げた。

 また会場には、同フェスティバルの特長でもあるリユース食器が利用された様々な団体や企業による飲食ブースや縁日が出店され、各ブースで行列ができるほどの人気ぶり。さらにベルブ館内などでは、市民団体による展示や、体験ワークショップなども開かれ、来場者も見る、聞くだけでなく参加して、イベントを楽しんだ。

 2日目の途中から雨が降り始めたものの、フィナーレでは、永山地区活性化シンボルキャラクターの「永どん」をはじめ、出演者らがステージにあがり、「NAGAYAMA SONG」を会場が一体となって歌い上げ、盛況のうちに幕を閉じた。

 荒木喜美子実行委員長は「今年はプレゴ前に新しくステージができて規模を拡大して開催することができた。昨年から準備してきた皆さんの力の集大成として良いイベントになった。今年も多くの方に来場していただき、楽しんでいただけたと思う」と声を弾ませた。続けて「永山駅周辺の活性化が永フェスの目的。市民団体、企業、行政が一体となって目指していきたい。これぞ”永山魂”というところを見せられたのでは」と話していた。

(右上)風船豆富づくりを体験(右下)理科実験を楽しむ子ども(左上)昔遊びを体験する子どもたち(左下)環境に配慮したリユース食器を使用
(右上)風船豆富づくりを体験(右下)理科実験を楽しむ子ども(左上)昔遊びを体験する子どもたち(左下)環境に配慮したリユース食器を使用

多摩版のローカルニュース最新6

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン)

航空斜写真で見る多摩NT(ニュータウン) 文化

丸善多摩センター店でコラボ展

8月6日号

先人の体験・思いと平和観を

先人の体験・思いと平和観を 社会

伝承活動を行う天野佳世子さん

8月6日号

次世代が伝えたいこと

次世代が伝えたいこと 社会

被爆地訪れた2人に聞く

8月6日号

「みんなで楽しみましょう」

市バスケ連盟

「みんなで楽しみましょう」 スポーツ

元日本代表招き 子ども向けクリニック

8月6日号

コロナ禍でも「地域のために」

コロナ禍でも「地域のために」 社会

受付続ける関戸の葬儀ホール

8月6日号

俳句・川柳を募集

永山公民館

俳句・川柳を募集 文化

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

豪華絢爛な縄文土器を

豪華絢爛な縄文土器を

関戸公民館で特別展示

8月8日~8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク