多摩版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

「永フェス」中止決まる 「来年は新しい企画も検討」

文化

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena
昨年のステージイベントのようす
昨年のステージイベントのようす

 永山フェスティバル実行委員会(荒木喜美子実行委員長)は5月20日、今年9月19日(土)・20日(日)に予定されていた同フェスティバルを中止することを発表した。

 多摩市を代表する市民参加型イベントのひとつとして定着している同フェスティバル。例年、永山駅周辺の地域住民や市民団体らの交流を通じて、地域の活性化と元気なまちづくりを目的に、市民・行政・企業が一体となって企画から運営まで担い開催してきた。

 同実行委員会では、今年2月以降、今年度の開催に向けて準備を進めてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大など先が見えない状況の中で、参加者や来場者、関係者の健康と安全を考慮した結果、今年の開催を断念した。これまで22回開催してきた中で、台風の影響で途中一部ステージイベントを中止したことはあったものの、最初から中止となるのは今回が初。

 荒木実行委員長は「市民の皆さんに楽しみにしていただいる中で、中止とすることは大変申し訳ない思いだが、万が一のことを考えた場合の苦渋の決断だった。来年、新しい企画を取り入れながら開催できるように検討していきたい」と胸の内を語る。

動画を公開中

 荒木実行委員長は「5月にステイホームを呼び掛けるための『NAGAYAMA SONG』の動画を企画運営委員の皆さんが作ってくれたので、今年はそれを見て楽しんでもらえれば」と呼びかける。この動画は、永山フェスティバルの20周年を記念して作られた「NAGAYAMA SONG」を、多摩市のご当地アイドル「des ailes26」やグリナード永山のダンスヴォーカルショータイムレギュラーの「三姿舞」、同企画運営委員がリモートで歌う姿が収められている。なお、動画は「永山フェスティバル」公式サイトで公開されている。

多摩版のローカルニュース最新6

来月、節分祭

一ノ宮の小野神社一般参加も可

来月、節分祭 社会

1月20日号

朗読者を募集

朗読者を募集 文化

3月に八王子の寺院で収録

1月20日号

「パル多摩」現状は?

「パル多摩」現状は? 文化

再オープンまで半年

1月20日号

「練習通り」2部門で栄冠

多摩ハンド

「練習通り」2部門で栄冠 スポーツ

調布市の小学生大会で

1月20日号

「NTスポット」新宿で

「NTスポット」新宿で 社会

市らの多摩魅力発信事業 

1月20日号

スタンプラリー実施中でも・・・

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook