多摩版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

計5袋のごみ回収 大栗川で恒例の清掃活動

社会

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
中和田橋付近の清掃活動を行った
中和田橋付近の清掃活動を行った

 「よみがえれ 大栗川を楽しむ会」(相田幸一代表)は7月5日、大栗川の中和田橋から並木橋、並木橋下流付近で恒例の清掃活動を実施した。

 同会は、市内を流れる大栗川で「川を楽しむ」をテーマに、誰もが川は「楽しい」「大切なもの」だと思えるようにと2002年に発足。これまでに「一ノ宮用水に生息する生き物調査」「大栗川水辺まつり」など、さまざまな活動を行っている。

 今回、行われた清掃活動も活動の柱のひとつ。毎月実施しており、今回は20人ほどが参加して川岸や水辺を中心に清掃を行った。阿部裕行多摩市長も駆け付け、可燃ごみ4袋、不燃ごみ1袋を回収し、その分類調査も実施した。その結果、プラ容器、ペットボトル、レジ袋などの使い捨てプラスチックが多かったという。

 6月に多摩市と多摩市議会の共同で「多摩市気候非常事態宣言」を表明したばかりということもあり、阿部市長も宣言のパネルを持参し「皆さんの活動が海へと流れていくプラスチックごみの抑制につながる。市も応援するし、市民の皆さんにも参加してほしい」と呼びかけた。同会では「深刻化する海洋プラ汚染は、こうした街ごみが川を下って海に流れ着くことで起きている。7月からレジ袋の有料化がようやく日本でも始まったが、レジ袋に限らず使い捨てプラスチックは使わないリデュースの生活スタイルの変革が必要」と話している。

 なお次回は、8月2日(日)和田公園あたりで清掃活動を実施。問い合わせは相田代表【携帯電話】090・4672・9038へ。

多摩版のローカルニュース最新6

来月、節分祭

一ノ宮の小野神社一般参加も可

来月、節分祭 社会

1月20日号

朗読者を募集

朗読者を募集 文化

3月に八王子の寺院で収録

1月20日号

「パル多摩」現状は?

「パル多摩」現状は? 文化

再オープンまで半年

1月20日号

「練習通り」2部門で栄冠

多摩ハンド

「練習通り」2部門で栄冠 スポーツ

調布市の小学生大会で

1月20日号

「NTスポット」新宿で

「NTスポット」新宿で 社会

市らの多摩魅力発信事業 

1月20日号

スタンプラリー実施中でも・・・

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook