神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩版 公開:2021年8月26日 エリアトップへ

コロナ自宅療養者 多摩では 市内医療財団 事業部長に聞く

社会

公開:2021年8月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

 新型コロナの感染が再び急増するなか、感染し自宅療養する人が東京都内で増えているようだ。多摩市内で40年以上にわたり在宅医療に取り組む(社医)河北医療財団多摩事業部の事業部長、明石のぞみ氏に聞いた=8月23日起稿。

 ――市内でも増えている

 「当事業部も加盟する多摩市医師会で在宅医療チームを組んでいるが、コロナ患者の往診が始まっている。現在の感染患者の急増を見る限り、今後増えていくのは間違いない」

 ――対策は

 「コロナに関する情報をもつ保健所との連絡手段を確立させ、電話で診療できるようにするなど、市医師会として対応を進めているところだ」

 「一方で、マスコミや行政などには感染者に関する現実をもっと周知してもらいたいと考えている。現場は現在、報道されているよりも厳しい状況にある。危機感が伝われば、むやみに外出する人も少なくなると思う」

 ――在宅でのコロナ患者対応は負担が大きくなる

 「高齢者の看護を目的とした在宅医療と比べ、準備すべきことが多いのは確かだ。高齢者が自宅療養する場合はヘルパーなどの協力を求めることができなくなるので、我々医療従事者が全て対応する必要が出てくる」

 「また、訪問する際は近所への影響を避けるため、医療従事者は感染者の自宅に入ってから防護服を着用するようになるが、我々の感染リスクが高まるのは間違いない」

 ――医療従事者の負担は増している

 「身体的負担だけでなく、医療従事者の心も心配だ。最近、コロナ患者がたらい回しにあったと聞くことが増えているが、救急車の受け入れを断るのは医療従事者からしたら相当ショックなこと」

 「やむを得ず断ったものの、『あの患者さんは無事治療を受けることができたのか』と気を病む医療従事者は少なくない。そんな気持ちを医療にあたるものはもっていると知ってもらえればと思う」

多摩版のローカルニュース最新6

「彼女が好きなものは」

上映会

「彼女が好きなものは」

6月30日、ベルブホール

5月25日

相続・終活セミナー

相続・終活セミナー

唐木田駅前郵便局で

5月24日

地震被災地に寄付

桜ヶ丘商店会連合会

地震被災地に寄付

桜まつりで募金

5月23日

聖蹟でウォーク&ラン

聖蹟でウォーク&ラン

スポーツ店スタッフが企画

5月23日

見守り活動で連携

多摩市

見守り活動で連携

市内遺品整理事業者と

5月23日

「町田に元気、与えたい」

「町田に元気、与えたい」

「エッグ&プリン」 インタビュー

5月23日

あっとほーむデスク

  • 5月11日0:00更新

  • 4月27日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook