海老名版 掲載号:2013年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

スズメが大量死 農薬「メソミル」検出

社会

 中野地区の畑で先月末、大量に死んだスズメが見つかった問題に関し、市は10月8日に「スズメの胃の内容物から農薬『メソミル』が検出された」と発表した。

 市農政課によると9月30日に市内農家から「畑でスズメがたくさん死んでいる」という通報が寄せられた。職員らが現地で確認したところ、スズメ約110羽の死骸を確認。鳥インフルエンザの検査のため、全ての死骸を回収した。

 同日中に実施した簡易検査の結果は「陰性」ではあったものの、さらなる死因調査のため、一部が県衛生研究所に検体として引き渡された。

 研究所の検査では米粒など、胃の内容物から白菜などの葉物野菜の害虫駆除に用いられる農薬「メソミル」を検出。これが死因となった可能性が高いと考えられる。

 薬品メーカによるとメソミルは毒性が強く、7〜10日で毒性は消えるという。その後、付近状況に異常もないことから、市では現在、経過を観察している。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク