海老名版 掲載号:2015年11月13日号 エリアトップへ

(PR)

海老名総合病院レポート 知識で対処が変わる「脳の病気」 取材協力/脳神経外科部長 小林智範医師

掲載号:2015年11月13日号

  • LINE
  • hatena
小林智範医師
小林智範医師

 日本の死亡順位ワースト3とされる「三大疾病」のひとつ「脳卒中」は「脳血管障害」のことを意味するが、卒倒することからこの名が付いた。「脳梗塞」「脳内出血」「クモ膜下出血」などがその一例となる。

 今回は県央エリアにおいて脳疾患に対する救急医療を担う「海老名総合病院」の脳神経外科部長小林智範医師に話を聞いた。

―脳卒中とは

 昭和55年までは日本の死亡原因の第1位でしたが、現在は悪性腫瘍(がん)、心臓疾患に次いで3位とされています。直接的な死亡原因になるだけでなく、半身麻痺や寝たきりになり、嚥下障害などの合併症を引き起こして死亡に至るケースも多く、重大な病気です。

 当院では、2008年から診療を開始し、365日24時間体制で患者の受け入れを行っております。月間平均650件程の救急搬送があり、その7割が脳卒中の患者さんです。

脳卒中だと気付かない!?

―症例について

 食生活の欧米化に伴い、血管が詰まる「脳梗塞」の患者が増加しています。高血圧や糖尿病の疑いがある人は高い危険性があるといえるでしょう。

 症状が軽い人に多いのですが「脳卒中だと思わず」2、3日が経過してから病院に搬送されるケースは少なくありません。また、両手両足が麻痺するということではなく、「半身が動きにくい、しびれる」「ろれつが回らない、言葉が出ない」などが症状です。早期発見が治療の幅を広げ、後遺症を軽減する重要なポイントとなります。

 また、発症予防のためには食習慣の見直しや血液検査などの検診をしながら「健康」に意識を持って生活していくことがオススメです。

海老名総合病院

海老名市河原口1320

TEL:046-233-1311

http://ebina.jinai.jp/

海老名・座間・綾瀬版のピックアップ(PR)最新6

「生活が快適になり、頼んで良かった」

リフォーム任せるなら”榎田工務店”

「生活が快適になり、頼んで良かった」

8月14日号

「黄金大仏」が開眼

川崎霊園を見守る大仏像”お色直し”

「黄金大仏」が開眼

金箔5万枚の輝き 拝観無料

8月14日号

ソリスト選考へ

オペラ本公演

ソリスト選考へ

8月28日応募締め切り

8月7日号

申請25日まで

座間市からお知らせ 

申請25日まで

「1人10万円」特別定額給付金

8月7日号

木 ものがたり【3】

木 ものがたり【3】

有限会社 小林材木店河原口2-16-27【電話】046(231)0094

8月7日号

「新型コロナ」を語る

特別編 座間総合病院”出張”健康講座

「新型コロナ」を語る

座間市消防本部で8月21日 午後3時から

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク