海老名版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

知っておきたい脳のお話【2】 「人格が変わってしまう認知症!?」 取材協力/えびな脳神経外科

 まるで人格が変わったかのように、万引きや無銭飲食など社会のルールを無視した行動をとるようになった…。もしかしたらそれは認知症の症状かも。今回は「人格変化の症状が現れる認知症」について脳疾患治療の専門医・尾崎聡院長から話を聞いた。

 ――認知症というと物忘れや無気力になるイメージがありますが…

 「認知症の中でも指定難病に認定される『前頭側頭型認知症』は、理性でコントロールできず本能の赴くまま行動するようになるのが特徴。社会ルールを無視した行為や周囲への配慮が見られない行動が増えます。初期には物忘れが目立たず、認知症と気付かれないこともあります」

 ――他に顕著な症状はありますか?

 「同じ行為を繰り返す常同行動や、他者への無関心な態度があります。これらの症状は脳の前頭葉や側頭葉が委縮し起こるとされ、40代〜60代と比較的若い世代で発症しやすくなっています。万引きを繰り返す、雨の日でも同じ道を同じ時間に散歩するなど常同行動が見られる場合は一度脳検査の受診をお勧めします」

えびな脳神経外科

海老名市下今泉4-2-14 1階

TEL:046-236-2188

http://www.ebinou.com/

海老名版のピックアップ(PR)最新6件

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

2月16日号

駅徒歩5分の賃貸マンション

オートロックに防犯カメラ、コインランドリーも併設 ペット相談可

駅徒歩5分の賃貸マンション

2月9日号

「糖尿病が”脳卒中の発症リスク”を高める!?」

知っておきたい脳のお話【6】

「糖尿病が”脳卒中の発症リスク”を高める!?」

2月9日号

「子の結婚」親が頑張る時代

オークラ海老名内にある結婚相談所「スワンズ」【17】

「子の結婚」親が頑張る時代

2月9日号

目元のクマ・たるみに注入治療

「老け顔・疲れ顔の原因にアプローチ」―症例3万件を突破 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

目元のクマ・たるみに注入治療

2月2日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

試写会プレゼント

映画『ボス・ベイビー』

試写会プレゼント

イオンシネマ海老名

3月13日~3月13日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク