海老名版 掲載号:2018年2月9日号
  • LINE
  • hatena

海老名の生き物がかり【17】 フクジュソウ

 このコーナーでは、海老名市を中心に活動するサークル「野草観察の会」が、市内に咲く四季折々の植物を紹介します。

 春一番、残雪の中から頭を出し、春を告げてくれる花がフクジュソウです。もともと山地の林の中に自生していたものでセツブンソウやミスミソウなどと共にスプリング・エフェメラルス(春の妖精)と呼ばれています。石灰岩地を好む植物ですから、伊吹山や武甲山のようなところに多く自生しているようで、海老名では見られません。

 2月になって散歩していると、日当たりの良い庭先に黄緑色の頭を出して「もうすぐ春ですよ」と教えてくれます。花の時期は2月から3月と寒いので、飛んでいる虫も少なく、内側に反った光沢のある花びらで日光を集め、花軸を温めて虫を呼ぶのではないかと言われています。海老名では中新田にある今福藥医門公園に4株ほど見られます。

国民民主党 神奈川県連

2019年 統一地方選挙 神奈川県内 立候補者募集

http://dp-kanagawa.jp/joining/youkou.html

<PR>

海老名版のコラム最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月24日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

SAで無料演奏会

12月21日

SAで無料演奏会

クリスマスソングが楽しめる

12月21日~12月21日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク