海老名版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • hatena

昨年発足の市内管弦楽団 「赤ちゃん泣いてもОK」 8月19日に初めての演奏会

文化

アグレントとは「田舎」の意味。親しみやすい演奏を目指す
アグレントとは「田舎」の意味。親しみやすい演奏を目指す

 赤ちゃん連れや、クラシック初心者に来てほしい。“敷居の低い”楽団を目指したい――。海老名市を中心に活動する「アグレント管弦楽団」が8月19日(日)、市文化会館小ホールで初の演奏会を開催する。

 結成したのは昨年。同楽団の発起人・奥田さやかさんは、「オーケストラというと敷居の高いイメージ。子連れでも気軽に聴きに行ける楽団があったらいいのに」という思いを抱いていた。奥田さん自身、バイオリンを始めたのは5歳から。幼少期に本格的な演奏に触れる大切さを感じていた。

 奥田さんは新楽団の構想を練っていた矢先、都内や横浜エリアと比べ楽団の数が少なく、かつ交通の便が良い海老名に注目。発足の呼びかけに集まった13人の団員は、仕事と掛け持ちながら土日に集まって練習を重ねてきた。

 当日は、クラシックの定番「アイネクライネ」や携帯電話会社のCMでお馴染み「葦笛の踊り」など、初心者でも親しみやすい9曲を、MCや演出を入れて演奏する。

 午後1時30分開演(1時開場)。全席自由。高校生以上のみ500円、未就学児歓迎で途中入退場可。チケットの申込みは氏名、連絡先、大人・未就学児の人数を明記の上、【メール】ebinaoke@gmail.comへ。

海老名版のローカルニュース最新6件

意見広告「永井浩介」

人生100年時代に対応した福祉・医療対策を!

https://www.facebook.com/k.nagai.ebina

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク