海老名版 掲載号:2019年2月22日号
  • LINE
  • hatena

海老名の生き物がかり㉗ ヒメツルソバ

 このコーナーでは、海老名市を拠点に活動するサークル「野草観察の会」が、市内に咲く四季折々の植物を紹介します。

 今回は寒い冬にも関わらず花をつける「ヒメツルソバ」を紹介します。南に面した石垣や石塀の隙間にしがみ付くように垂れ下がっている植物を見かけますが、よく見ると白や淡紅色のくす玉の様に丸くまとまった頭状花序をつけているのがヒメツルソバです。

 イヌタデやミゾソバなどと同じタデの仲間で、小さな花は長さが3〜4mmのがく片が深く5裂したもので花弁はありません。虫眼鏡などで一つ一つの花を覗いてみると、とてもかわいい愛くるしい花です。

 ヒマラヤ地方原産の暖地の園芸植物でしたが、花壇から逃げ出し、今では温暖化とともに海老名でも野生化したものをよく見かけるようになりました。花期は長く、ほとんど1年中見られます。

海老名版のコラム最新6件

意見広告「永井浩介」

人生100年時代に対応した福祉・医療対策を!

https://www.facebook.com/k.nagai.ebina

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク