海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

ラグビーW杯応援、市内のラグビー通を紹介【2】 ラグビーから学べるもの

スポーツ

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

 いよいよ、きょう開会となる「ラグビーW杯2019」。アジア初となる日本大会では、どのようなドラマが生まれるのかが見物だ。日本の初戦は、海老名市を公認キャンプ地とする「ロシア」代表との一戦。市内めぐみ町の海老名駅駅間地区の芝生広場で、大型ビジョンが設営され「パブリックビューイング」が催される。本紙ではラグビーの魅力を伝えようと、市内のラグビーに携わる人を紹介。今回は、30年以上にわたり、子どもたちに指導を行っている「(一社)海老名ラグビースクール」の代表理事校長・武田小三郎さんと、東京の強豪校でラグビー精神を醸成した市内中央にある飲食店「グランサッソ」の代表を務める奥村将さんの2人だ。

「人間力」育ての場

 北海道の生まれ育ち。幼い頃からスキーやスケート、ハンドボールで体を鍛えた後、社会人になってから同僚に誘われ、ラグビーに携わることに。結婚を機に海老名に来ると、息子が小学生にあがる際に「海老名ラグビースクール」へと入会。同時期に”お父さんコーチ”として自身も指導に加わることになった。

 現在は同団体の代表であると同時に、海老名市ラグビーフットボール協会の会長も務めている。一生に一度といわれる日本でのW杯開催、そして海老名を公認キャンプ地とするロシア代表の歓迎など、ラグビー普及の活動に力を尽くしている。

 スクールの卒業生は大学や社会人リーグ、またはラグビー指導者としても活躍する生徒もいる。その土台となる育成方針は”ハートを育てる”こと。中でも仲間たちを大切にする気持ちと、他人のせいにしない責任力の向上にはゆるがない信念を持つ。「小学生から中学生までの9年間で教えられることは多くない。伝えるのはラグビーの技術よりも『人間力』。教え子が大人になって、子どもを連れてきてくれるのは嬉しい。成長を見るのが楽しくて辞められないですね」と表情を輝かせる。大切なのは”ONE FOR ALL ALL FOR ONE”。

悔しさをバネに

 恵まれた体格で運動神経も抜群、何よりも”勝気な心”を持っていた奥村さんに火をつけたのがラグビーだった。出会いは中学の時に兄の試合に観に行ったこと。「どーせやるなら一番のところ」と、選んだ道が東京都代表の常連校・大東文化大学第一高校だ。

 合宿に出れば20泊以上は当たり前。1つ上の世代は全国優勝、自身の代も花園切符を手に入れ、ベスト16と輝かしい成績を収めてきた。結果とは裏腹に、奥村さんが体験したのは”大きな挫折”。「実力では負けていない」。そう思いながらも、ケガなどを理由に大舞台での出場は叶わなかった。

 友人たちは大学・社会人になってからもトッププレーヤーとして活躍。負けず嫌いの性格から「嬉しい反面、非常に悔しい思いもあった。オレも何かやらないといけない」と、25歳のときにイタリアンレストラン「グランサッソ」を開店させた。

 創業25年となる同店にはラグビー仲間だけでなく、様々な人が集まるようになった。同じ釜の飯を食べたら仲間。戦いが終われば、互いを尊重し合う”ノーサイドの精神”は今も変わらないという。「楕円形のボールはどこに転がるか分からない。最後まで諦めずにやることを学びました」と真剣な眼差しで話した。

※※※※※
 

武田 小三郎さん(一社)海老名ラグビースクール代表理事校長
武田 小三郎さん(一社)海老名ラグビースクール代表理事校長
奥村 将さんグランサッソ 代表
奥村 将さんグランサッソ 代表

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

高濃度エタノール消毒用に販売開始

熱中症のリスク増

熱中症のリスク増 社会

「マスク着用」に警戒が必要

5月29日号

「えびなの第九」中止に

「えびなの第九」中止に 文化

次回開催は2022年に決定

5月29日号

1日平均25件

コールセンター 海老名市

1日平均25件 社会

PCR検査は延べ57件に

5月29日号

台湾からマスク

「一緒に乗り越えよう」

「一緒に乗り越えよう」 スポーツ

昨夏インターハイ出場 齊藤選手

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク