海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

5年ぶりに「特養」が開所 2020年4月 柏ケ谷に

社会

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
建設中の特養(イメージ)
建設中の特養(イメージ)

 市内で5年ぶり9施設目となる特別養護老人ホーム(特養)が、2020年4月の開業に向けて、柏ケ谷地区で建設が進められている。

 市地域包括ケア推進課によれば、現在、市内には8つの特別養護老人ホームがあり、入所待機者は156人(19年4月時点)。ここ数年の待機者は150人前後を推移しており、市は3年ごとに策定される「高齢者保健福祉計画」と「介護保険事業計画」に基づき、待機者の減少や待機期間の短縮を図るために、新施設の調整を進めてきた。

 来春開所するのは、柏ヶ谷駅徒歩圏に位置する「特別養護老人ホーム彩美苑(仮称)」。鉄筋コンクリート造地上5階建てで、ベッド数100床(ショートステイ20床)。全室個室となり、自宅での生活スタイルを維持しやすいほか、各ベッドには心拍や呼吸、体動、離床などを確認できる「見守りケアシステム」を導入し、健康状態の把握をはじめ、転倒リスクの軽減を目指す。また、在宅医療の専門医をはじめ、嚥下や口腔外科に特化している訪問歯科医、周辺の協力医療機関による医療サポートの充実や、入所者一人ひとりに合わせた生活プランに沿ってきめ細かい安心のサービスを提供する。そのほか、スタッフの働き方を配慮することでサービスの質向上につなげていくという。

 同施設を運営するのは、長崎や福岡を中心に保育園や特養を手掛ける「社会福祉法人あすか福祉会」。開設準備室の新里浩一室長は「法人理念である『尊厳』をもとに、画一化されたサービスではなく、ご入所者やご家族、スタッフを大切にするサービスで、笑顔があふれる施設として貢献できれば」と話す。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

開催ピンチ?

開催ピンチ? 教育

60年代の思い出求む

2月14日号

元気、東北へ届け

元気、東北へ届け 社会

 第17回チャリティコンサート

2月14日号

多職種の専門家つどう

海老名

多職種の専門家つどう 社会

海老名市医師会が研修会

2月7日号

特撮の魅力を発信

海老名市

特撮の魅力を発信 文化

2月7日号

ひまわりだけじゃない

新会館お披露目

新会館お披露目 経済

 100人収容会議室も

2月7日号

防災シンポジウム

防災シンポジウム 社会

9日午後、綾瀬で

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク