海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

NPO法人おおきな木主催 自己表現や共演の喜びを 障がい者が演奏会

社会

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
スタッフの支援の下、楽器演奏
スタッフの支援の下、楽器演奏

 知的・身体障がいなどのある児童らを対象に音楽療法を行う「NPO法人 おおきな木」がこのほど、中新田のわかば会館でロビーコンサートを開催し、中学生から20代のメンバー約20人が日頃の成果を披露した。

 同法人は、発達に遅れのある子や家族に対して乳幼児期から一貫した支援体制を整えようと、わかば学園に通う子の保護者によって2004年に設立。07年からは心身の発達に有効だとされる「音楽療法」を導入している。障がいのある子の中には、言葉で表現できず他人と適切に関われないケースもあるが、音楽を通じてなら円滑にコミュニケーションを図れることも多く、社会性を養う手法として活用されている。

 同コンサートは発表の場を設けるとともに、活動を広く知ってもらおうと年に1度行われているもの。この日は人気曲のダンスを皮切りに、日々の個人セッションで練習したハンドベルやボンゴ、木琴、歌声を披露。障がいの特性上、環境の変化や観客を前に不安を感じたり、周りと音を合わせられないこともあるが、信頼するスタッフの下、各々自分らしさを表現していた。会場には温かい拍手が響き渡り「観ているこちらが癒された」「成長に感動した」と涙する姿も見られた。

 長谷利江理事長は「舞台に居られるだけで100点という子もいる。拍手をもらい褒められることで自己表現の喜びを知り、達成感が生まれるので次回も多くの人に観てもらえたら」と語った。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

さくら百華の道に春

座間の名所

さくら百華の道に春 文化

開花リレーがスタート

2月21日号

屋内型イベント綾瀬市自粛方針

総合計画、総仕上げへ

座間市当初予算案

総合計画、総仕上げへ 社会

一般会計、過去最大規模に

2月21日号

議会日程

議会日程 政治

2月21日号

化学防護服で初の出動

海老名市消防

化学防護服で初の出動 社会

不審物除去で一時緊張

2月21日号

20年続く支援

20年続く支援 社会

ソロプチミストあやせ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク