海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

「eスポーツ」調査研究へ 海老名市長「検討の余地ある」

文化

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市の内野優市長は16日、新たな成長分野として注目される「eスポーツ」について、行政での活用と連携を調査・研究する考えを示した。開会中の同市議会9月定例会で宇田川希氏の一般質問に答えた。

 宇田川氏は諸外国での「eスポーツ」の取り組みのほか、国内でも数万人規模の観客を前に試合が行われていることなどを紹介。民間の海老名市eスポーツ協会の活動現状など解説したうえで「地域経済の活性化や若者の流出防止、流入人口の促進に繋がるのでは」と、市長の認識と見解を求めた。

 内野優市長は「国内市場規模は相当な額で優勝者が億の金を得ているようだ。私はファミコンとスーパーファミコンで終わっていて将棋や麻雀などをしていた。今のゲームにはほとんどついていけない」との認識を示した。そのうえで「若い職員も多くいてeスポーツの関わり方について調査・研究する余地はある。スポーツ庁での研究動向や全国の自治体の事例なども情報収集するなど行政としてのかかわり方を研究したい」との見解を示した。

 補足答弁をした藤川浩幸市民協働部長も「障害の有無や年齢関係なく世代を超えた多くの方が楽しめてオリンピックのデモンストレーション競技としての採用も期待されている。そのような面からも本市としてeスポーツの取り巻く社会的な情勢、コンピューターゲームとしてのコンテンツの進化、それらを活かすハードの技術進歩も研究したい」とした。

eスポーツと海老名

 eスポーツは、パソコンやスマホなどのゲームで複数で同時に対戦、観戦もできる仮想空間の競技。コロナ禍による巣ごもり需要で普及が進んでいる。

 プレイヤーのほか世界各国に観戦者が4億人以上、市場規模は1千億円を超え、国内でも年収1億円を超えるプロ選手がいて、国も成長領域として注目している。

 昨年11月には海老名市内に民間団体の海老名eスポーツ協会が発足した。この協会ではスポーツとしての促進や啓発、新たな文化としてeスポーツを楽しむ風土を醸成しようと体験会などを開催。市内チームとの連携を強化していくという。

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

コスモス今年も

退席は適切だったのか

退席は適切だったのか 政治

デスク・レポート

10月23日号

入谷歌舞伎を上映

入谷歌舞伎を上映 文化

10月25日 入場無料

10月23日号

風景写真など70点展示

風景写真など70点展示 文化

海老名フォトギャラリー

10月23日号

里山でマルシェ

里山でマルシェ 社会

海老名の鈴木農園

10月23日号

坂道歩いて景品ゲット

座間市

坂道歩いて景品ゲット 文化

11月30日まで

10月23日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク