海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

持続可能な【ゴミ社会から資源社会】へ3市ゴミ行政の過去と未来 全3回連載最終回 綾瀬市  「減量化は喫緊の課題」

社会

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
綾瀬市 古塩政由市長
綾瀬市 古塩政由市長

「19分別の慢心、改めるところから」

 2020年度に綾瀬市から高座クリーンセンター(海老名市本郷)に搬入された家庭系可燃物は1万4414トン。一部事務組合で共同処理する海老名市と座間市、綾瀬市の3市と組合で2018年に設定した綾瀬市の目標1万900トンを3割超上回った。

 18年度から3年連続の増加に古塩政由市長(71)は「19品目の分別に慢心をしていた。この気持ちを改めるところから始める」と繰り返した。減量化を担当する市リサイクルプラザ所長は「限られた経営資源の中で新たな減量化にチャレンジする」と述べ、喫緊課題への決意を新たにした。

 今年3月29日に開かれた高座清掃施設組合議会の定例会で古塩市長と座間市長は、海老名市議の組合議員から「政治は結果がすべて」「炉を抱える海老名市よりも座間と綾瀬が率先して減量を進めるべき」「猛省を求める」などと批判を浴びた。定例会後に古塩氏は「お見苦しいところをお見せした。一度原点に立ち返る必要があるのは確かだ」と、甘受した。

 綾瀬市には06年度と13年度に家庭系可燃物減量化の成功体験がある。当時は「ごみの焼却処理量50%削減」をめざす「あやせカワセミ大作戦」を展開した。09年度には剪定枝と廃食用油、プラスチック製品、資源紙の分別を含む19品目の分別収集体制を確立。その後も家庭用生ごみ処理機の購入費助成拡大などに取り組みながら市民への周知を強化し、13年度からは5年連続の減量化に成功している。

 この3年間では家庭系可燃物が増加し続けた一方で、事業系の搬入量は22%減と構成3市では群を抜く減量化を達成している。この結果に市の幹部は「コロナ禍の影響もあると思うが大口の多量排出事業者への訪問指導の効果も出ているのではないか」とした。

 古塩市長は「新炉への搬入量の減量化は喫緊の課題だ。家庭系可燃物は分別の徹底に削減の余地があり、市民に新たな負担を強いることは考えていない。事業系ごみの処理費など全体としてまだまだ見直すべき部分がある」と強調した。

至高の休日スタイル

自然素材と本物であることにこだわり、お客様の価値観を仕立てる工務店

https://kato-koumuten.com/

海老名市内に6店舗の薬局を展開

地域医療を通じて、皆様の健康づくりや住み良いまちづくりに貢献します。

https://www.medical-garden.com/

7月1日開園!園児募集中です!

海老名市社家に企業主導型保育園が開園!年代別に3つの部屋で伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

幼稚園教諭&保育士募採用中

幼稚園と認定こども園併設の楽しい職場です。

https://rarea.events/event/92246

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

イオン会場で接種開始

座間市

イオン会場で接種開始 社会

「下見多く混乱なし」

6月11日号

郷土民謡を歌う

郷土民謡を歌う 文化

座間神社会館すいめい

6月11日号

優先接種拡大へ

優先接種拡大へ 社会

廃棄対策で

6月11日号

綾瀬市が初の人口減

国勢調査結果速報

綾瀬市が初の人口減 社会

海老名、座間は引き続き増加

6月11日号

身近な地域でも

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter