神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

未来を話し合う 約100人が参加

社会

公開:2024年5月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
トークセッションの様子
トークセッションの様子

 子育て世代のつながりづくりのきっかけになればと、海老名青年会議所(清水真吾理事長)は5月14日、ロマンスカーミュージアムで交流会を行った。20代から40代の海老名市在住、在勤者ら約100人が参加し、海老名に関する意見を交わした。

 当日は小田急電鉄株式会社のまちづくり事業担当者が「だから、海老名で生きている」をテーマに講演が行われ、参加者は耳を傾けた。また後半には参加者3人が代表し「そして、海老名で生きていく」をテーマにトークセッションを行い意見を交わしていた。

 清水理事長は「海老名の未来への熱量を感じた」と話していた。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

不要品が誰かの必要に

不要品が誰かの必要に

ECOMAに約80人参加

6月20日

雨に濡れる紫陽花

雨に濡れる紫陽花

三川公園で見ごろ

6月19日

戦争体験を継承

戦争体験を継承

綾瀬で平和展

6月18日

二輪車事故に注意喚起

座間警察署

二輪車事故に注意喚起

防止強化月間に

6月17日

二輪車事故に注意喚起

大和警察署

二輪車事故に注意喚起

防止強化月間に

6月17日

地場産ズラリ 市民朝市

地場産ズラリ 市民朝市

23日に座間市役所で

6月15日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook