座間版 掲載号:2013年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

つるし雛で古布を再生 新田宿の池上さんが創作

文化

自宅の一室に多種多彩なつるし雛を飾っている
自宅の一室に多種多彩なつるし雛を飾っている

 3月3日のひな祭りが近づくなか、新田宿に住む池上千恵子さん(63歳)が自作のつるし雛を家の一室に飾り付け、家族や友人の目を楽しませている。高価な古布ではなく、「古くなった身近なものを使う」が創作のコンセプトで、「生まれ変わった姿を見て喜んでもらえると嬉しい」と話している。

 池上さんがつるし雛を作り始めたのは7年ほど前。市内の教室に1年間通い、それからは自己流で創作を続けている。材料は、古くて着られなくなった着物や反物など。知人から素材を提供してもらうことも多く、「タンスのなかに埋もれてしまうなら、生まれ変わって多くの人に見て欲しくて」と笑顔で話す。

 毎年2月から作品を部屋に飾り始める。糸につるされている飾りは、「悪いことが去る」という意味での「猿」、「食に困らないように」との願いを込めた「米俵」、「悪い虫がつかないように」という唐辛子など様々。その他にも、「女の子らしさ」を願う鏡や櫛(くし)、座間の花「ひまわり」の飾りも結んでいる。

 今年は、3月上旬まで飾る予定だという。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク