座間版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

思い出語り、介護予防 5月に回想法の講座

昨年も開かれ、多くの市民が参加した
昨年も開かれ、多くの市民が参加した

 思い出を語り合い脳を活性化させる「回想法」について学ぶ基礎講座が、5月19日(日)と22日(水)に開催される。主催は回想法プランニング座間、共催に座間市。参加費は無料。

 回想法は、1960年代にアメリカの精神科医ロバート・バトラーが提唱したもの。学校の思い出、幼い頃の遊びなどをテーマに、参加者同士で思い出話を共有する。認知症の予防、重症化の軽減に効果があるとされる。また、地域コミュニティの形成にもつながるという。

 講座の講師は回想法プランニング代表で、日本認知症ケア学会所属の高島浩子さん。対象は高齢者支援に携わっている、または関わりたいと考えている人。家族の介護をしている人も参加できる。市内在住、在勤が条件。

 19日はサニープレイス座間の3階研修室で、22日は市民健康センターの多目的ホールで、それぞれ午前10時から正午まで開催。定員は各日30人(先着)。

 希望者は5月1日(水)から16日(木)までに、市役所介護保険課【電話】046・252・7084へ。
 

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク