座間版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

放火事件の補償求めて 栗原神社氏子ら 署名活動を展開

社会

約40人の署名を集めた
約40人の署名を集めた
 昨年3月、親が在日米軍軍属の少年の放火によって神楽殿や社務所が全焼した栗原神社。氏子らが1月18日、米軍と国に補償を求めるための署名活動を、さがみ野駅北口近くで展開した。

 放火事件は、昨年3月7日未明に栗原中央2丁目と4丁目で発生。神社の施設や一般住宅などが全焼・部分焼したほか、神社の歴史資料なども焼失した。米国籍の少年が非現住建造物等放火の容疑で逮捕された。

 神社では昨秋、地域住民からの寄付金などを受けて神楽殿と社務所の再建をスタート。再建と並行し、米軍と国に補償を求めている。しかし、日本における米軍の地位を定め、刑事裁判権や民事請求権を盛り込む「日米地位協定」では、軍人や軍属の家族が加害者だった場合の賠償請求について記載されていない。氏子らは「未成年の責任は軍属の親にある」として、防衛省南関東防衛局に適用を求めている。

 18日は大矢一則総代長をはじめとする氏子らが、「ご署名お願いします」と通行人に呼びかけた。女性や家族連れが足を止め、氏子の話を聞きながら署名した。大矢総代長は「『頑張って下さい』と声を掛けられるのが何よりの力になる」と手ごたえを感じていた。

 初詣客への呼びかけで、1月1日から7日までに約1700人分が集まった。また、周辺自治会の回覧板を通じて地域住民にも協力を仰いでいる。2月10日頃までに集約して、同局に提出する予定。問い合わせは大矢総代長【電話】046・251・0217。

座間版のローカルニュース最新6件

平成最後の神輿渡御

7/31宵宮祭8/1例大祭

平成最後の神輿渡御

7月27日号

10万本のおもてなし

タオルを被災地へ

症例もとに意見交換

座間総合病院×消防本部

症例もとに意見交換

7月27日号

結成30年の歌声を

伝統と活気を未来へ

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク