座間版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

座間の語り伝え第11集 先人たちの関東大震災 57人の記録、克明に

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena
古老への聞き取り調査をまとめた
古老への聞き取り調査をまとめた

 「防災の日」は地震・津波・台風の災害について認識を深め、それらに対処する心構えを準備するため、1960年に制定された。9月1日という日は、1923年の同日に発生し、10万人以上の死者と行方不明者を出した「関東大震災」に由来する。91年前に起きた大震災の体験者が少なくなった今、当時の記憶を生々しく伝える資料が、市教育委員会が発行する「座間の語り伝え=外編2・関東大震災=」だ。

2カ月間で聞き取り調査

 「座間の語り伝え」は信仰、芸能など特定のテーマについて、編集委員が市民から聞き取り調査した内容をまとめた冊子。第11集の関東大震災編は、1984年に初版が発行された。発行当時の市長・星野勝司氏は「平素とかく忘れがちな震災についての心構えを、この大地震を体験された先輩たちの貴重な話から汲み取って、新たにしていただきたい」と、企画の意図を冊子中で述べている。聞き取り調査は、市史編さん専門編集員の故・鈴木芳夫さんを中心に、1982年5月から7月にかけて行われ、その対象者は市内・市外合わせて、50人以上にのぼった。

 冊子(約190頁)の半分以上を占めるのが第2章「古老が語る関東大震災の思い出」だ。市内で被災した46人の体験を地域別に紹介しているほか、海老名や横浜など市外にいた人々の声を盛り込んでいる。

地割れの間から泥水ボコボコ

 「南の方角で『ドロドロドー』」というような音がしたかと思うと、いきなり揺れ始めました。(中略)庭には何本も子どもなら落ちてしまうような地割れができ、その間から泥水が『ボコボコ』と噴き出すので驚きました」(四ツ谷/川島撥一さん)、「固い地面がブワブワになり、水が噴き出してくるのです」(四ツ谷/川島良太郎さん)――。相模川沿いの地域に住んでいた人々の聞き取りからは、発災後間もなく、液状化現象が起きた様子が伝わる。

 竹藪に避難した様子も多く散見される。「竹藪は根が張っていて、地割れの危険はないとうことを、昔の人から聞いていた」(川島撥一さん)、「『地震の時は竹藪に逃げ込め』ということを聞いていた」(新田宿/大矢儀三郎さん)。当時の人々が、先人の言い伝えを信じ、行動した様子がうかがえる。

 「朝鮮人襲来」の流言により、道路に検問所が設けられ、武装した住民が警備にあたった事も数多く証言されている。9月2日や3日には噂が誰ともなく広がり、自警団が結成されていった。小学校の校庭に投下された新聞で、騒動が流言だったことを知った人もいたそうだ。

大地震への備えの一助

 「横浜や東京に比べて座間の被害は少なかったが、都市化が進んだいま、関東大震災規模の地震が起きれば、どれだけの被害になるのか…」。そう話すのは、冊子の編さんに携わった鈴木義範さん(65)。市職員として、古文書や写真といった資料収集に奔走した。聞き取りだけでなく、文献を活用することで調査の精度を高めたそうだ。

 将来起こりうる大地震を憂慮するからこそ、冊子を読んで欲しい想いがある。「流言に惑わされずに冷静に対応することや、先人たちの言い伝えを理解することの大切さを学んでもらえれば」と願っている。

 冊子は、680円(税込)。市役所1階入口近くの市民情報コーナーで販売している。
 

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク